「えー」と頻繁に前置きする人は計算高い!?

相手からすれば、沈黙が続けばもちろん不審に思うのだが、この前置きがあることで間を持たせているのだ。

交渉の場において、「この条件でどうでしょう」と聞くと、相手は「えー、そうですね…」と前置きが長いのだ。

もとからはっきりと意思が決まっていれば、返事はすぐ帰ってくるはずだ。

前置きをするということは、いかに話を有利に進めるか、頭の中で作戦を練っているかもしれない。

つまり、このようなタイプの人は自分が納得いくまで粘るので、説得しずらいのである。

しかし、人によっては、計算高い意味での「えー」とは違い、ただ単に迷っているだけの場合があるので、必ずしもそうとは限らない。

「この条件でどうでしょう」と聞いた後の相手の顔色を見て、相手が返答に焦っているような感じであれば、こちらから話を進めてあげると簡単に説得できるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク