心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「えー」と頻繁に前置きする人は計算高い!?

3c4e2dba8780190c6934e27fd63b3cb6_s

会話をしているときに、「えー」と前置きをされることはないだろうか。

実はこの一言に 深い意味があるかもしれない。

突発的に「えー」と言ってしまうこともあるが、「えー」と前置きすることで本題に入るのを引き伸ばし、その間に頭の中で話を練っていることが多いのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

仕事が中途半端な人には、ある言葉の特徴がある。

仕事ができているようでできていない、そんな人を目の当たりにした経験はないだろうか。

そんな人に限って、ある言葉を頻繁に使っている。

それは、「時間がない」という言葉だ。

「時間がない」と聞くと一見忙しそうに思えるが、よく相手の行動を見ていると、無駄が多かったり時間の配分ができていないといった場合がある。

挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

初対面の人と挨拶を交わす時は、ほとんどの人は相手にいい印象を与えるために、事前準備や身だしなみのチェックをしてから望むだろう。

特にビジネスシーンにおいては、商談などがからんでくるので特に注意が必要だ。

自分が大好きな女性は、自分のことを名前で呼ぶ。

話をするときに、小さい子が自分のことを名前で呼ぶのはかわいらしいが、大人になっても、プライベートはおろか職場などでも自分のことを名前で呼ぶ女性がいる。

慣れというか、無意識のうちに言っているのかもしれないが、周りの人からすれば白い目で見られているはずだ。

「意見の同意」から「自慢話」に発展してしまう心理

人と話をしているときに、相手が同意を求めてきた経験はないだろうか。

たとえば、「あの人ってどう思う?」からあなたの意見を聞いてきて、「いい人だと思う!」と答えれば「そうだよね!」となり、会話が進む。

これは、相手の意見を聞いて、または反応を確かめて同意を得て、安心したいという人間の心理である。

「信頼している」を繰り返す人には気を付けよう

友達付き合いだけでなく、ビジネスにおいても信用や信頼は大切である。

信用や信頼が なければ、部下に仕事を任せることもできないし、他の企業とも取引をすることができない。

しかし、この「信用」や「信頼」といった言葉を軽々しく使う人には注意が必要だ。

相手の「座り方」で、その人の退屈度がわかる!?

椅子に座って相手と話をしているときに、相手の座り方に注目してほしい。

じつは、相手の座り方によって、どれだけその話に興味を持っているかがわかるのだ。

「君には無理かも」と嫌味のように言う上司の本音は?

仕事を頼まれるときに、「君に任せれば安心だから〜」と言われた場合と、「君にはちょっと 無理かもしれないけど〜」と言われた場合で、その仕事に対する気持ちが全く違う。

「信頼されているから頼まれた」という意味があり、モチベーションも上がるだろう。

口癖が「しかし」の人の意見にご用心!?

相手の意見に対して「しかし」という否定の言葉を使うとする。

「今月の売り上げ目標は100万円だ」と言った人に対して、「しかし現状では難しいのでは」と言われると、どうしてそう後ろ向きな言い方をするのかと思われるだろう。

この「しかし」という言葉はいたるところで使えるが、場合によっては余計なひと言になりうる。

会話を聞きたがる人の“狙い”とはなんだろうか?

何かを決めるときに、すぐ会議を開こうとする人がいる。

こういう人は、自分に自信がない人だと思っていい。

話の最初に「さて」を使いたくなるわけは?

テレビを見ているときに、普段あまり聞くことのない言葉がよく使われていることに気付いたことはあるだろうか。

いろんな単語があるが、一例として「さて」がある。

番組やニュースなどで話題を切り替えるときに、「さて」が使われるが、友達同士や日常会話で「さて」を使った覚えがあるだろうか?おそらく、ほとんどの人がないと思う。


スポンサーリンク

相手からすれば、沈黙が続けばもちろん不審に思うのだが、この前置きがあることで間を持たせているのだ。

交渉の場において、「この条件でどうでしょう」と聞くと、相手は「えー、そうですね…」と前置きが長いのだ。

もとからはっきりと意思が決まっていれば、返事はすぐ帰ってくるはずだ。

前置きをするということは、いかに話を有利に進めるか、頭の中で作戦を練っているかもしれない。

つまり、このようなタイプの人は自分が納得いくまで粘るので、説得しずらいのである。

しかし、人によっては、計算高い意味での「えー」とは違い、ただ単に迷っているだけの場合があるので、必ずしもそうとは限らない。

「この条件でどうでしょう」と聞いた後の相手の顔色を見て、相手が返答に焦っているような感じであれば、こちらから話を進めてあげると簡単に説得できるだろう。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言