心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

頼みごとを聞いてもらえる人が実践している心理作戦

何か頼みごとをするときは、「〜ので」と理由をつけると聞き入れてもらいやすいだろう。

たとえば休日出勤を変わってもらいたいときに、ただ「代わってほしい」とだけ言ってもなかなか聞き入れてもらえないが、「用事があるので」と一言だけでも理由を付け足すと、それなら仕方ないとOKしてくれる確率がぐんと上がるだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

意見が食い違ったときに揉めずに済ませるワザ

交渉をスムーズに進めるには、自分と相手の考えが一致していることを繰り返し強調するといい。

こうすることで、お互いが常に同じ意見でいるような感覚になるからだ。

相手に興味を持たせるには「体験談」がカギを握る

何事も、漠然とした話より具体的な話のほうが興味を引くものだ。

前述のように、数字も大切であるが、誰かを説得するときには「体験談」を話すと効果的なのだ。

褒められるとうれしい「長所」の正しい見つけ方

人は誰でも褒められて嫌な気分にはならないだろう。

それが、ふだん言われないことだったり、自分でも気付いてなかったことであれば、なおさらうれしいだろう。

握手を求めてくる相手にはどう対応すべき?

名刺交換の前に握手をしようとする人がいる。

欧米では当たり前だが、日本ではあまりしない行動だ。

周囲の評価が高い人は、自分の見せ方・隠し方がうまい

あなたが仕事で成功した時に、ここぞとばかりに自分の手柄をアピールしてはいないだろうか。

もちろん成功するのはいいことだが、この自慢げな態度は周囲から反感を買ってしまうことがある。

誰が主導権を握っているかどうかを見極める方法

デキるセールスマンになるには、相手の行動を読むことも重要である。

そのなかで大切な条件のひとつは、誰が主導権を握っているか、誰が最も影響力のある人物かを見極める能力だ。

相手を批判せずに欠点を伝えるときに役立つ方法

相手に対して「○○してほしい」「これだけはやめてほしい」と心の中で思うことはあっても、それを相手に伝えるのは難しいだろう。

それを言ってしまうと相手の批判になるし、人によっては喧嘩に発展してしまう可能性があるからだ。

相手が思わず話したくなるうなずき方とは?

話し上手な人は人気者になりやすいが、相手の気持ちをより深くつかむには聞き上手になることも大切だ。

聞き上手とは具体的にどんな人をさすかというと、相手に気持ちよく話をさせる人のことである。

なぜか反応してしまう「群衆の中の顔効果」とは?

某アイドルグループのような大勢の人の顔写真を一度に見せられた時に、一番印象に残るのはどんな人だろうか。

もちろん、ひとりひとり見ていけばそれぞれの顔を見ることになるが、そんなたくさんの人が写っている中でどこに注目するかというと、それは表情に秘密があるのだ。

多忙な人に話を聞いてもらうにはどうすればいい?

忙しくて話をなかなか聞いてもらえそうにない人がいた場合、その人を説得するにはどうすればいいだろうか。

時間がない相手を引き留めて話をしたところで、相手は時間のことばかり気にして話に取り合ってもらえないだろうし、たとえ聞いてくれたとしても、「考えとく」とお茶を濁されて終わってしまうだろう。


スポンサーリンク

このときに、その理由が明確であればあるほど効果があるのは言うまでもない。

しかし、ただ単に「用事がある」という理由であっても、「〜ので」をつけるのとつけないのでは大違いだ。

なぜなら人は、「〜ので」といわれると、たとえそれがはっきりしない内容であっても説明されたと思って無意識に承諾してしまうのだ。

このときに、詳しい理由まで聞こうと思うことはほとんどないので、とりあえず「〜ので」とつけておくといいだろう。

いつもいつも「用事があるので」と言っていると周りから疑われる可能性があるので、くれぐれも使いすぎには注意したいところだ。

スポンサーリンク

 - 心理戦術