相手を批判せずに欠点を伝えるときに役立つ方法

こういうときは直接相手に言うと逆効果なので、第三者を批判することで遠まわしに相手に欠点を悟らせるといいだろう。

たとえば遅刻が多い人に対しては、「毎日遅刻する人がいて皆に迷惑をかけているんだよね」と言ってみる。

このときに直接相手だとは言わないことがポイントなのだ。

相手はこの第二者への批判を自分に置き換えて自覚するに違いない。

自分のことだとは言われなくても、本人はそれとなく自覚するはずだ。

ただしここで大事なのは、第三者はあくまでも相手の直接の知り合いでない人や、会社や組織などにすることだ。

もし相手の知り合いであれば、ただ単に悪口を言ってるだけになってしまうので気を付けるべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク