心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

周りが騒がしいときは、ささやくように話したほうがいい?

喫茶店やレストランに行くと、いろんな人の話し声で騒がしいことが多いだろう。

このような場所で商談などをすると、相手の注意をひくのにいろいろと苦労をするだろう。

スポンサーリンク

  関連記事

握手を求めてくる相手にはどう対応すべき?

名刺交換の前に握手をしようとする人がいる。

欧米では当たり前だが、日本ではあまりしない行動だ。

言葉を変えると、自分の価値も上がる

誘えばすぐについてくる女性のことを「尻の軽い女」と言ったりするが、逆に何度誘っても断られる美女は「高嶺の花」と言われる。

このことからすれば、男性にとって都合の悪い女性のほうが、評価が高いことになる。

細かいことを気にする人は説得がしやすい

細かいことをいちいち気にする人は、警戒心が強いといったイメージから説得するのが難しいと思うだろう。

いろいろと質問されたりして面倒かもしれないが、ウラを返せば、細かいことを気にする人ほど説得しやすい人はいないのだ。

褒め言葉に乗せられやすい人の共通点とは?

褒めるというのは簡単そうにみえて意外と難しい。

褒めるときに、相手に好かれようと思っていろんな人を褒めていては、「調子のいい人」や「ヨイショばかりしている人」と思われてしまい、かえって嫌われてしまうこともある。

落ち込んだ人に効果的な「無条件のストローク」

仕事で同僚がなにか大きな失敗をしてしまい、落ち込んでしまうことがあるだろう。

そんなときに周りはその人をフォローしたり励まそうとするが、このときに「失敗は誰にでもあるよ」と言いたくても、それがあまりに大きな失敗だとそうはいかないし、「また次があるよ」というのも無責任な発言になり、本人はますます落ち込むかもしれない。

何気ないひとことがでも、相手に不快感を与える可能性がある

仕事をたくさん抱え込んで忙しそうにしている同僚を見ると、手伝ってあげたいと思うかもしれないが、そんなときにあなたならどうするだろうか。

たとえば「大変そうだけど、手伝ってあげようか?」と声をかけた場合、相手を気遣って手伝いたいと意思表示をしているので、一見問題ないように思える。

相手に興味を持たせるには「体験談」がカギを握る

何事も、漠然とした話より具体的な話のほうが興味を引くものだ。

前述のように、数字も大切であるが、誰かを説得するときには「体験談」を話すと効果的なのだ。

同じものが別のものに見えてしまう言葉の魔法

待ち合わせをしていて約束の時間に間に合いそうにないとき、相手にどう電話をすればいいだろうか。

たとえば、「もしわけありませんが、1時間ほどお待たせすることになります」というより、「恐縮なのですが、60分ほど待っていただけませんか」というほうが、相手に受け入れてもらいやすいのだ。

鏡があったら、しっかりと自分を映して確認するべし

鏡を見ながら髪形や服を整えたりチェックしたりすることは、誰もがやっていることだ。

だが、この行動をところかまわずしている人がいたら、それは「公的自己意識」が高い証拠である。

自分の短所をあえて見せたほうが信頼される!?

友達や職場の同僚と信頼関係を築くときには、できるだけ自分のいいところを知ってもらおうとするが、本当に信頼を得たいと思うなら、会話の中に自分の欠点を混ぜて話すといい。

そもそも完璧な人間など存在しないのだが、誰でも初対面の人の前では弱みを見せようとしない。


スポンサーリンク

しかし、周囲の騒音を気にするあまり自分の声を大きくしすぎると、かえって周りに迷惑になるうえに、話の内容が筒抜けになってしまう。

こんなときはどうしたらいいだろうか。

じつは、このように周りがうるさいときには、逆に声のトーンを落としてささやくように話すと効果的なのだ。

話が聞こえにくいときには、相手の注意を引く必要があるが、ここがポイントだ。

話し手の声が小さいと、それを聞こうとして、身を乗り出してできるだけ相手の近くで聞こうとするはずだ。

これを利用することで相手との距離が近くなり、周りの話よりもこちらの話が聞きやすい状況になるので、商談や打ち合わせなどを進めやすくできる。

さらにこの方法は合コンでも使えるのだ。

周囲の騒がしさと逆に、気になる女性に静かな声で話しかければ、周りからこちらの会話がきかれることもなく、相手はこちらの声を聴こうとして近くに来るので、自然と二人の親密度が上がるだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術