周りが騒がしいときは、ささやくように話したほうがいい?

しかし、周囲の騒音を気にするあまり自分の声を大きくしすぎると、かえって周りに迷惑になるうえに、話の内容が筒抜けになってしまう。

こんなときはどうしたらいいだろうか。

じつは、このように周りがうるさいときには、逆に声のトーンを落としてささやくように話すと効果的なのだ。

話が聞こえにくいときには、相手の注意を引く必要があるが、ここがポイントだ。

話し手の声が小さいと、それを聞こうとして、身を乗り出してできるだけ相手の近くで聞こうとするはずだ。

これを利用することで相手との距離が近くなり、周りの話よりもこちらの話が聞きやすい状況になるので、商談や打ち合わせなどを進めやすくできる。

さらにこの方法は合コンでも使えるのだ。

周囲の騒がしさと逆に、気になる女性に静かな声で話しかければ、周りからこちらの会話がきかれることもなく、相手はこちらの声を聴こうとして近くに来るので、自然と二人の親密度が上がるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク