感情的になっている相手と向き合う方法

こういうときは、腹を立てずにまずは相手の話を聞いて冷静に分析することが大切だ。

たとえば、上司から「バカヤロー」とののしられたとする。

これは上司が感情的になって思わず口にしてしまった言葉だが、この言葉の後にはたいてい核心を突く言葉が出てくることがおおい。

「あれだけ報告書にミスがないか事前に確認しておけと言っただろ」などと、なぜ怒ったか理由がわかる。

人は、感情的になるとどうしてもストレートに思っていることを言ってしまう。

だが、遠まわしに言われるよりはわかりやすいし、きちんと指摘してくれるので見方を変えれば参考になる部分は多いだろう。

もしそんな相手を言い負かしたいと思ったら、相手が感情的になっているときに対抗せずに、相手が冷静になったときに倫理的に追い詰めていくといいだろう。

相手もついカッとなってしまったことを反省しているかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク