打ち合わせに遅れた相手には「笑顔」が効果的

時間にルーズな人は人間性までだらしなく思えて、つい厳しく注意をしたくなるかもしれない。

しかしこのとき、遅刻した相手を叱ってはいけない。

そんなときは、逆に笑顔で迎えてあげることで、その後の展開を有利に進めることができるのだ。

どんな理由であれ、遅刻した人は約束の時間を過ぎてしまったことを気にしながらやってくる。

つまり、「もしかしたら相手は怒って帰ってしまったかもしれない」とビクビクしているのである。

そんなときに相手から笑顔で迎えられると、遅れてきた側はますます罪悪感を感じるはずだ。

その心理状態のときに商談に入れば、それを利用して自分のペースで話を進めやすくなるし、相手も「遅刻して迷惑かけたから…」と話を受け入れてくれるだろう。

このように、笑顔はビジネスにおいても有力な武器になることを覚えておくといい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク