成功するか失敗するかは、プレッシャーのかけ方次第

だが、場合によっては相手にプレッシャーをかけることで成功することもある。

たとえば、「最後の在庫は確保してもらうよう手配しておきますね」などと、「自分のために在庫を残しておいてくれるなら、買わないわけにはいかないな」という心理状況になって購入してしまう人もいるだろう。

また、「お客様のために社内でチームを組んでおきます」と言われれば、「そこまで準備してくれるなら任せてもいいだろう」と決断をする。

このように、ちょっとした言葉の工夫によって相手に“プレッシャー”をかけることができるわけだ。

言うまでもないが、ここでいうプレッシャーは決して強引な圧力や脅しではない。

あくまでビジネス上のプレッシャーなので相手の立場を尊重し、相手から「そこまでしてくれるのか」と感謝されるものであることを忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク