心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「全員一致」の会議にはある心理が働いている

会議というと、「誰もが自分の意見を発言する場」というのが建前である。

ある程度の人数で集まり、その中である議題について話し合い、いろんな人の意見が飛び交う。

スポンサーリンク

  関連記事

心を開かせたいなら「不快な物言い」も重要

ビジネスマンの中には、会話に自信がないという人もいるだろう。

そんな人に参考にしてもらいたい人物がいる。

高いものを買う気にさせるための「コントラスト効果」

モノの値段が高いか安いかによって、受ける印象はもちろん変わってくる。

高価なものを次々に見せられたあとであれば、実際にはそれほど安いものでなくても安いと感じてしまうのだ。

座る席によって緊張が和らぐか、窮屈な気分になるか変わってくる

デートのときに、めったに行かないような高級レストランに行くと、ふだんは陽気な彼女も緊張して無口になってしまうだろう。

こういうときは、あらかじめ店の奥の席を予約しておいて、当日は壁を背にして彼女を座らせてあげるといい。

説得するときは、相手が予想してないことから話すといい

相手を説得したいときは、まず相手が予想してないような話から始めると効果的である。

これは、相手が身構えている場合、相手がこんな風に攻めてきたら、こんなふうに応じようと理論武装したり、こう質問してきたらこう答えようという感じで、あらかじめ準備をしているだろう。

成功するか失敗するかは、プレッシャーのかけ方次第

ビジネスで成功するためにあらゆる手段を駆使する、それが営業マンである。

しかしあらゆる手段と言っても、売る側が下手に出て、客には「買っていただく」という気持ちで接するのが普通だ。

文字の読み方で、その人の性格診断ができてしまう!?

テーブルの角を挟んで座っている2人が1枚の書類を見るとしよう。

このときに、お互いからみて書類は斜めに置かれることになるが、この斜めに見える文字を読むときに、3通りの方法がある。

相手をリラックスさせるための質問とは?

テレビで司会者やキャスターがインタビューをする場面があるが、たいていは相手の趣味の話や世間話から入っていくことが多い。

これは、本題に入る前や話し始めた直後に、相手をリラックスさせる効果があるのだ。

いきなり難しい質問や答えに困る質問をされたら、誰だって身構えるし、なにより答えづらいだろう。

応えにくい質問をされたらときの切り返し方

誰かに意見を求められたときに、中立の立場でありたいというとき、あなたならどう対応するだろうか。

どちらの立場にもならないために「わかりません」と答えたり、黙り込んだりする人がいるが、それでは逆に相手に不信感を抱かせてしまうことがある。

完璧な企画はかえって反発を招いてしまう!?

人は、たとえ上司からの指示であっても、他人から頼まれたものをそのまま受け入れたり、他人が敷いたレールの上を進むことを好まない。

とくに、その人が有能な人であるほど、他人の意見を否定したがる傾向がある。

落ち込んだ気分を吹き飛ばしてくれる言葉の力

仕事でミスをした時や、失恋をした時など、気分が落ち込んで元気になれないことは誰にでもある。

そんなときは、気持ちも考え方も後ろ向きになってしまい、いつのまにか負のスパイラルに陥ってしまう。


スポンサーリンク

そして、そこから得られるものがあるはずであるが、現実は必ずしもそうとは限らないのだ。

特に何らかの結論を最終的に出さないといけない場合になると、「みんなの意見に従おう」と考えてしまいがちだ。

これはいわゆる「集団心理」というものだ。

会議の参加者の多くがこの心理になってしまうと、独創性のある意見は少数になり、その結果誰もが受け入れやすい提案や企画など、無難なものが採用されることになるだろう。

つまり現状維持という、何の変化もないアイデアに決まってしまうわけだ。

そうならないためには、集団心理に流されないことが何より大切だろう。

まずは少数意見を取り上げて吟味し、発言しやすい雰囲気を作ったり、全員に意見を述べてもらうようにすると、より多くの案から選択することができたり、今までになかったアイデアを取り入れたりと、会議をより実のあるものにすることができるだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術