時間通りに会議を始めるための心理作戦

それは、会議の終わる時間をあらかじめ参加者全員に知らせておくことだ。

たとえば会議の開始時間が15時で終了時間がわかっていない場合、参加する人にとっては「ずるずると長引く会議なら途中から参加すればいいや」という心理になってしまう。

しかし、ここで終了時刻が○○時とわかっていれば、限られた時間の中で話をしなければならなくなる。

そうなれば遅刻している人を待っている時間はないわけで、集まった人だけで先に話を進めることになる。

そうすることで時間が無駄にならず、会議の内容も凝縮された内容になるだろう。

そして遅れてきた人は重要な案件を聞き逃したり、自分の意見を述べる機会がなくなってしまうので、これではまずいと時間通りに集まるようになるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク