心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

時間通りに会議を始めるための心理作戦

会社の定例会議となると、回数を重ねるにつれて遅刻する人が増えてくることがある。

毎回同じような流れで慣れてくると、つい「ちょっとくらいいいだろう」「自分だからいいだろう」というような感じで気が緩むものだが、そのときに「全員がそろってから始めましょう」と遅れてくる人を待ってから会議をすると、そのうち定時に行っても待たされるだけという気持ちになり、余計に遅刻する人が増えてしまうが、こんなときに有効な対処法がある。

スポンサーリンク

  関連記事

説得するときは、相手が予想してないことから話すといい

相手を説得したいときは、まず相手が予想してないような話から始めると効果的である。

これは、相手が身構えている場合、相手がこんな風に攻めてきたら、こんなふうに応じようと理論武装したり、こう質問してきたらこう答えようという感じで、あらかじめ準備をしているだろう。

一発で仲間意識を持たせるために役立つネタとは?

初対面の人と話をする時に、ちょっとしたきっかけでお互いに共通の知り合いがいることがわかって盛り上がった経験はあるだろうか。

さらにその知り合いが自分の家族や親しい友人であれば、その人に対する警戒心はほぼなくなるだろう。

なかなか視線が合わない人の本心を確かめる方法

相手と向かい合って話しているときに、じっと見つめられると話をしづらいが、逆にほとんど視線を合わせない人とも話しづらいと感じるだろう。

適度にアイコンタクトを取りながら話をするのが一番いいのだ。

モチベーションが上がる「目標設定」とは?

仕事などで何かを成し遂げたいと思ったとき、目標を設定することでやる気が出るだろう。

目標を定めることによって、それに向かって頑張るからだ。

相手の自信を揺さぶるには「即答できない質問」が効果的!

相手に口答えをさせずにこちらの思い通りにしたいときは、相手が即答できないような質問を連発するといい。

なぜなら、質問に即答できないことにより相手は自分に自信を無くしてしまい、「はい、わかりました」「そうですね」と肯定するようになるのだ。

お礼を言う前に、一度心で唱えてから声に出すといいワケ

人は、慣れてくると思わぬ誤算を招くことがある。

頻繁に口にしている言葉もそのひとつだ。

会話の端々に「私たち」を入れると、印象がガラッと変わる

「僕は」「私は」などと自分の主張ばかりする人は、一般的には自己中心的な人だと思われる。

いい印象をもたれないのもこのタイプだろう。

なぜか気になってしまう「繰り返し」の効用とは?

大事な試験や面接の前に、友達や親から「絶対うまくいくから大丈夫!」と励まされて、本当に受かるような気持ちになった経験はないだろうか。

たとえば、八百屋の前を通った時に「安いよ、安いよ!」と連呼していて、はじめは気にしていなかったのに、繰り返し「安いよ、安いよ!」と言われると、いつの間にか「きっと安いんだろう」という気持ちになってついつい買ってしまう。

誰が主導権を握っているかどうかを見極める方法

デキるセールスマンになるには、相手の行動を読むことも重要である。

そのなかで大切な条件のひとつは、誰が主導権を握っているか、誰が最も影響力のある人物かを見極める能力だ。

文字の読み方で、その人の性格診断ができてしまう!?

テーブルの角を挟んで座っている2人が1枚の書類を見るとしよう。

このときに、お互いからみて書類は斜めに置かれることになるが、この斜めに見える文字を読むときに、3通りの方法がある。


スポンサーリンク

それは、会議の終わる時間をあらかじめ参加者全員に知らせておくことだ。

たとえば会議の開始時間が15時で終了時間がわかっていない場合、参加する人にとっては「ずるずると長引く会議なら途中から参加すればいいや」という心理になってしまう。

しかし、ここで終了時刻が○○時とわかっていれば、限られた時間の中で話をしなければならなくなる。

そうなれば遅刻している人を待っている時間はないわけで、集まった人だけで先に話を進めることになる。

そうすることで時間が無駄にならず、会議の内容も凝縮された内容になるだろう。

そして遅れてきた人は重要な案件を聞き逃したり、自分の意見を述べる機会がなくなってしまうので、これではまずいと時間通りに集まるようになるだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術