気持ちとは反対の行動をとってしまう理由は?

なぜならその話は、過剰なくらい豪快にふるまっているからだ。

これは「反動形成」によって生じているのだが、これは一種の自己防衛であり、自分の中に抑圧された感情や考え方とは反対の行動をすることなのだ。

本当は気が小さいけれど、それを認めたくないがために自分を大きく見せようとしてこのような行動に表れてしまうのである。

また反動形成による行動の例としては、必要以上に自分を大きくアピールする上司がじつは心の狭い人物であったり、上司に対して過剰に媚びを売っている部下が心の中ではその上司のことが大嫌いだったということがある。

もし飲み会や職場などでこのような人がいたら、その人の内情を察してその場の話を真に受けないほうがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク