心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

褒め言葉に乗せられやすい人の共通点とは?

褒めるというのは簡単そうにみえて意外と難しい。

褒めるときに、相手に好かれようと思っていろんな人を褒めていては、「調子のいい人」や「ヨイショばかりしている人」と思われてしまい、かえって嫌われてしまうこともある。

スポンサーリンク

  関連記事

言葉を変えると、自分の価値も上がる

誘えばすぐについてくる女性のことを「尻の軽い女」と言ったりするが、逆に何度誘っても断られる美女は「高嶺の花」と言われる。

このことからすれば、男性にとって都合の悪い女性のほうが、評価が高いことになる。

落ち込んだ人に効果的な「無条件のストローク」

仕事で同僚がなにか大きな失敗をしてしまい、落ち込んでしまうことがあるだろう。

そんなときに周りはその人をフォローしたり励まそうとするが、このときに「失敗は誰にでもあるよ」と言いたくても、それがあまりに大きな失敗だとそうはいかないし、「また次があるよ」というのも無責任な発言になり、本人はますます落ち込むかもしれない。

重要な取引先との交渉中に使いたい言葉の「切り札」

取引先と何か大きな契約を結ぶときに、相手に安心感を与え、この人と一緒に仕事をしたいと思わせることが大切であるが、そう思わせるためのとっておきの言葉がある。

それは、「運命共同体」という言葉を使うことである。

完璧な企画はかえって反発を招いてしまう!?

人は、たとえ上司からの指示であっても、他人から頼まれたものをそのまま受け入れたり、他人が敷いたレールの上を進むことを好まない。

とくに、その人が有能な人であるほど、他人の意見を否定したがる傾向がある。

悩んでいる人の心を開かせる方法とは?

どんなに明るく元気に仕事をしている人でも、落ち込んだり、悩み事を抱えていて仕事が手につかなくなることがあるだろう。

そんな姿を見たときは声をかけてあげるのが一番だが、このときに相手の心を開かせる方法がある。

適度に「じらし」をすることで、相手の満足感は変化する

量販店に行って前からほしいと思っていた商品を見つけたとき、値札に書かれた金額よりも安い値段を言ってみたところ、店員は「いいですよ」と言ってくれる場合がある。

本来ならば喜ぶところだが、素直に喜べない人も多いだろう。

頑口な人にイエスと言わせるための話術

頑固な人に自分の意見を伝えるのはなかなか難しい。

頑固な人は、その人なりの確固たる信念を持っているので、そう簡単に人の話は信用しないだろう。

角を立てずに相手の提案を拒否するにはどうすればいい?

上司や先輩など断りにくい相手から、あまり気乗りしない提案や誘いを受けた時にどうやって断ればいいかと悩んだことがあるだろう。

こんなときに、角を立てずにやんわりと拒否できる方法がある。

握手を求めてくる相手にはどう対応すべき?

名刺交換の前に握手をしようとする人がいる。

欧米では当たり前だが、日本ではあまりしない行動だ。

態度とは裏腹のセリフで、気持ちは伝わる!?

気付いてほしいことがあっても、なかなか相手には伝わらないものだ。

そんなときは、態度とは裏腹のセリフを言ってみるといい。

その言葉がより際立ってあなたの気持ちが表れるだろう。


スポンサーリンク

そうならないために、他人を褒めるときに気負つけておきたいポイントがある。

もし褒めるならば、褒め言葉に弱い人を選ぶといい。

褒め言葉に乗せられやすい人というのは、「パワー欲求」が強い人によくみられる特徴なのだ。

パワー欲求は「権力欲求」とも言われ、他人に影響を与えることによってコントロールしたり、もしくは自分が直接コントロールしたいと願う欲求のことをいう。

それにより社会的地位を高く保ちたい、あるいは影響力や権力のある人だと認めてほしいと思っているだろう。

じつはこういうタイプの人ほどお世辞に弱く、褒め言葉によって自尊心をくすぐられやすいのだ。

ある実験では、パワー欲求が強い上司ほど、お世辞を言ってくれる部下に対しての評価が甘くなるという実験結果がでている。

なので、もしあなたの周りにこのようなパワー欲求の強い上司がいたら、その人をよく褒めてあげるといい。

すると上司もあなたに褒められることで、上司との良好な関係を築くことができるかもしれないだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術