鏡があったら、しっかりと自分を映して確認するべし

そんな人は、周りの目が常に気になって仕方がないのかもしれない。

そう聞くと一見ナルシストのように思えるが、自分を鏡に映して確認をすることは決して悪いことではない。

逆に鏡をまったく見ない人は、気持ちに余裕がない証拠なのだ。

そもそも元気がない時に、自分をよくみせようといった気持ちにはならないからである。

では、どうにもやる気が起きないときにはどうすればいいだろうか。

そんなときは、あえて鏡を見てみるといい。

今の自分を鏡に映すことで客観的に見ることができるし、自分を元気づけることができる。

つまり、自己意識を高めることができるというわけだ。

もし、ふだんあまり鏡を見ない人が急に鏡を見るようになったら、それはモチベーションが高まってきた合図である可能性が高いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク