語尾が曖昧な人は、自己保身が強い傾向がある

一方、「〜したいです」の場合は、はっきりと断言していて確実性が見えるが、言った本人は少なからず言葉のプレッシャーを受ける。

周りから度胸があると評価されても、失敗してしまえば批判を浴びることになるので、自己保身の強い人は「〜したいです」と言い切れないのだ。

表現を濁すことにより、自分の地位を守るとともに、自分自身に保険をかけているのと同じ意味である。

もし何かあった場合は、「断言はしていない」などと言って逃げられてしまう。

そういう人が周りにいる場合は、定期的な状況の報告をしてもらい、安易に相手の発言から逃げられないように気を付けるといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク