お礼を言う前に、一度心で唱えてから声に出すといいワケ

たとえば、オペレーターなんかは毎日繰り返し「申し訳ありません」という言葉を使う。

それが日常生活でつい反射的に出てしまうようになるのだ。

しかし、目先だけの対応というのは相手にも伝わるもので、気持ちがこもっていなければ、相手はさらに怒ってしまうだろう。

謝罪以外にも、「ありがとうございます」の言葉も同じように、何度も言っているとそれが当たり前になってしまい、だんだん心がこもらなくなるだろう。

こうなると、相手からは表面的な人だと思われてしまうかもしれない。

では、それを防ぐにはどうすればいいだろうか。

その方法はいたって簡単である。

言葉を声に出す前に、まず心で「ありがとうございます」や「申し訳ありません」と唱えてみるといい。

こうして自分に言い聞かせることで、自然と態度や声にも気持ちがこもって、より相手に伝わりやすくなるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク