言葉を変えると、自分の価値も上がる

これはビジネスシーンでも似たようなことがある。

たとえば、大量に製造された商品が山積みされているときは、いくら安くしても売れないのに、「売り切れ続出!」や「入手困難!」「本日限定!」などと言うだけで人が殺到したり、売れ行きがあがることがある。

ものbによっては、インターネット上で高値で取引されることもあるのだ。

ある作家は、たとえ仕事がなくても出版社に「どうか使ってください」とお願いするより「今は忙しいが、半年後ならスケジュールがあいてますよ」と言って仕事の周りがよくなったそうだ。

またドイツのビジネスパーソンは、どんなに暇な時でもアポなしで訪問してきた人とは合わないという。

そこで会ってしまえば暇な人間と思われ足元を見られることをわかっているからだ。

たとえそれが嘘であっても、たまに強気な部分を見せることで自分の価値を上げることができることを覚えておくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク