結論は、最初と最後に2回いうと効果的

一番効果的なのは、最初に結論を述べ、そして話の最後にもう一度結論を述べるという構成だ。

たとえば、だらだらと話をされた後に結論を持ってきても、すでに相手は飽きてしまっているかもしれないし、先に結論を述べただけでは、途中の説明を聞いているうちに相手が忘れてしまう。

そうならないためには、最初にはっきりと「自分はこう考える」「調査の結果○○だった」と簡潔に結論を述べたあとに、結論に至った証拠や考え方、過程を説明するといい。

そしてその後に、もう一度「最初に述べましたように」「改めて繰り返しますが」と念を押すように結論を述べるといいのだ。

こうすれば、相手はまず結論を聞いて把握したうえで、細かい説明を聞いて頭の中を整理できる。

さらに、再保にもう一度同じことを聞くことで、聞いた内容がより記憶に残るというわけだ。

“結論は最後にもう一度繰り返す”というのを実践すると、周りからも知的な人間だという評価を得られるだろう。

結論を最後までとっておきたいという人もいるが、よほどの話術がないとそれは難しいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク