心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

照明の工夫次第で、人の警戒心が大きく変わる!?

食事をしたり酒を飲むときに、評判も大切だが、それ以外では店の雰囲気を見て決めることがある。

そのときに、その店の照明の明るさで選ぶのもひとつの方法だ。

スポンサーリンク

  関連記事

何気ないひとことがでも、相手に不快感を与える可能性がある

仕事をたくさん抱え込んで忙しそうにしている同僚を見ると、手伝ってあげたいと思うかもしれないが、そんなときにあなたならどうするだろうか。

たとえば「大変そうだけど、手伝ってあげようか?」と声をかけた場合、相手を気遣って手伝いたいと意思表示をしているので、一見問題ないように思える。

大きなお願いをする前に「小さなお願い」をすると効果的

誰かに面倒なお願いをしようと思ったとき、それをどう切り出すか悩むだろう。

ストレートに頼んでも断られるのが目に見えていればなおさらだ。

適度に「じらし」をすることで、相手の満足感は変化する

量販店に行って前からほしいと思っていた商品を見つけたとき、値札に書かれた金額よりも安い値段を言ってみたところ、店員は「いいですよ」と言ってくれる場合がある。

本来ならば喜ぶところだが、素直に喜べない人も多いだろう。

相手と親しくなるための相槌の方法とは?

話し上手は聞き上手とはよく言われる言葉だ。

相手と親しくなるには、まずは相手の話を聞くことが大切だ。

その時に注意したいのが、表情よりも、適度に相槌を打つことだ。

細かいことを気にする人は説得がしやすい

細かいことをいちいち気にする人は、警戒心が強いといったイメージから説得するのが難しいと思うだろう。

いろいろと質問されたりして面倒かもしれないが、ウラを返せば、細かいことを気にする人ほど説得しやすい人はいないのだ。

会話の端々に「私たち」を入れると、印象がガラッと変わる

「僕は」「私は」などと自分の主張ばかりする人は、一般的には自己中心的な人だと思われる。

いい印象をもたれないのもこのタイプだろう。

周囲の評価が高い人は、自分の見せ方・隠し方がうまい

あなたが仕事で成功した時に、ここぞとばかりに自分の手柄をアピールしてはいないだろうか。

もちろん成功するのはいいことだが、この自慢げな態度は周囲から反感を買ってしまうことがある。

「5分間だけ」や「ひとつだけ」と話を限定してくる人の心理は?

営業マンから「5分間だけ話を聞いてください」と言われ、5分くらいならと話を聞いていると、いつまでたっても話が終わらずに、気が付けば商品を購入させられていたという経験はないだろうか。

じつは、この「5分だけ」という言葉がクセモノだ。

座る席によって緊張が和らぐか、窮屈な気分になるか変わってくる

デートのときに、めったに行かないような高級レストランに行くと、ふだんは陽気な彼女も緊張して無口になってしまうだろう。

こういうときは、あらかじめ店の奥の席を予約しておいて、当日は壁を背にして彼女を座らせてあげるといい。

「全員一致」の会議にはある心理が働いている

会議というと、「誰もが自分の意見を発言する場」というのが建前である。

ある程度の人数で集まり、その中である議題について話し合い、いろんな人の意見が飛び交う。


スポンサーリンク

その日の雰囲気や行く相手によっても異なるだろう。

たとえば、親しくなりたい相手と行くときには、明るい店ではなく、すこし暗めの店を選ぶといい。

なぜなら、明るい場所だと、人は自分のすべてをさらけ出しているようで落ち着かないのだ。

誰でも、自分のことをすべて知ってほしいとは思わないだろう。

誰だって欠点があるし、隠し事だってある。

明るい場所だと、髪形や服装、表情などすべて見られているようで落ち着かない気がするが、これは内面的にも言えることだ。

逆に暗い場所になると、そういったところはあまりはっきり見えないし、なんとなく気持ちが落ち着く。

寝るときに明かりを消して寝るのと同じだろう。

自分をすべてさらけ出して人と付き合うことはほとんどない。

むしろ分からないところがあるのがふつうだ。

明るい店内よりも、少し暗めの店内のほうが、警戒心も薄れて、落ち着いて話ができるかもしれない。

スポンサーリンク

 - 心理戦術