照明の工夫次第で、人の警戒心が大きく変わる!?

その日の雰囲気や行く相手によっても異なるだろう。

たとえば、親しくなりたい相手と行くときには、明るい店ではなく、すこし暗めの店を選ぶといい。

なぜなら、明るい場所だと、人は自分のすべてをさらけ出しているようで落ち着かないのだ。

誰でも、自分のことをすべて知ってほしいとは思わないだろう。

誰だって欠点があるし、隠し事だってある。

明るい場所だと、髪形や服装、表情などすべて見られているようで落ち着かない気がするが、これは内面的にも言えることだ。

逆に暗い場所になると、そういったところはあまりはっきり見えないし、なんとなく気持ちが落ち着く。

寝るときに明かりを消して寝るのと同じだろう。

自分をすべてさらけ出して人と付き合うことはほとんどない。

むしろ分からないところがあるのがふつうだ。

明るい店内よりも、少し暗めの店内のほうが、警戒心も薄れて、落ち着いて話ができるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク