心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手がどうしても話したくなる「プレッシャー」の与え方とは?

人を説得するときに欠かせないのが「言葉」である。

プレゼンテーションや商談をする時に、ただグラフや商品を見せたところで何の説得力もないが、言葉で説明することで相手に伝えるという重要な役割を果たすのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

顔が上と下どちらを向いているかで、人の印象は変わる?

日本には昔から「つらい時こそ上を向く」という言葉がある。

これには、下を見ていても幸せは落ちてこない、だからつらい時こそ上をむいて歩こうという意味なのだ。

意図的に威張った態度を取ると有利!?

営業マンであれば、営業に行っても要件を伝える前に門前払いされたり、成約する前に他社との競争に負けたりといった経験をしたことがあるだろう。

このような経験が多い人はもちろん実績面でも上司からはいい顔はされずに、同期ともどんどん差をつけられるだろう。

自分の短所をあえて見せたほうが信頼される!?

友達や職場の同僚と信頼関係を築くときには、できるだけ自分のいいところを知ってもらおうとするが、本当に信頼を得たいと思うなら、会話の中に自分の欠点を混ぜて話すといい。

そもそも完璧な人間など存在しないのだが、誰でも初対面の人の前では弱みを見せようとしない。

何気ないひとことがでも、相手に不快感を与える可能性がある

仕事をたくさん抱え込んで忙しそうにしている同僚を見ると、手伝ってあげたいと思うかもしれないが、そんなときにあなたならどうするだろうか。

たとえば「大変そうだけど、手伝ってあげようか?」と声をかけた場合、相手を気遣って手伝いたいと意思表示をしているので、一見問題ないように思える。

相手の本音を聞き出したいならば、椅子の柔らかさがポイント

腹を割って話をしたい時や、本音を聞き出したいときには、硬い椅子ではなく柔らかい椅子に座らせるといい。

人は、心地いい状態になると警戒心がゆるむので、これをうまく利用するといい。

なかなか視線が合わない人の本心を確かめる方法

相手と向かい合って話しているときに、じっと見つめられると話をしづらいが、逆にほとんど視線を合わせない人とも話しづらいと感じるだろう。

適度にアイコンタクトを取りながら話をするのが一番いいのだ。

落ち込んだ人に効果的な「無条件のストローク」

仕事で同僚がなにか大きな失敗をしてしまい、落ち込んでしまうことがあるだろう。

そんなときに周りはその人をフォローしたり励まそうとするが、このときに「失敗は誰にでもあるよ」と言いたくても、それがあまりに大きな失敗だとそうはいかないし、「また次があるよ」というのも無責任な発言になり、本人はますます落ち込むかもしれない。

周りが騒がしいときは、ささやくように話したほうがいい?

喫茶店やレストランに行くと、いろんな人の話し声で騒がしいことが多いだろう。

このような場所で商談などをすると、相手の注意をひくのにいろいろと苦労をするだろう。

結論は、最初と最後に2回いうと効果的

会議や打ち合わせの時に、自分の意見を述べたり、成果を報告したりすることがある。

このときに、結論をどのタイミングに持ってくるかによって、相手にうまく伝わるかどうかが変わってくるのだ。

相手をリラックスさせるための質問とは?

テレビで司会者やキャスターがインタビューをする場面があるが、たいていは相手の趣味の話や世間話から入っていくことが多い。

これは、本題に入る前や話し始めた直後に、相手をリラックスさせる効果があるのだ。

いきなり難しい質問や答えに困る質問をされたら、誰だって身構えるし、なにより答えづらいだろう。


スポンサーリンク

しかし、何も言わずにただうなずくだけのほうが、かえって効果的な場合があるのだ。

それは、上司と部下といった上下関係のはっきりした状況の場合だ。

たとえば、「A社からは契約を取れませんでした」と報告してきた部下をもう一度交渉に行かせたいと思ったときは、怒鳴ったり命令したりはせず、まずは「うんうん、そうか」と労をねぎらうように頷くだけでいい。

すると、部下は言い訳をするかもしれないが、そのときに何も言わずに頷いていると、部下は次第にプレッシャーを感じるだろう。

そして自ら「A社以外に営業に行けそうなところはありますか?」と聞いてくるだろう。

ここでいろいろ言いたくなるかもしれないが、あえて何も言わないで頷く。

そうすることで、解決策を上司に頼っていた部下が「もう一度交渉をしてみます」と自分から行動しようとするかもしれない。

このように、余計なことはいっさい口にせずに頷くだけで部下を説得できるし、部下の成長にもつながるに違いない。

スポンサーリンク

 - 心理戦術