相手がどうしても話したくなる「プレッシャー」の与え方とは?

しかし、何も言わずにただうなずくだけのほうが、かえって効果的な場合があるのだ。

それは、上司と部下といった上下関係のはっきりした状況の場合だ。

たとえば、「A社からは契約を取れませんでした」と報告してきた部下をもう一度交渉に行かせたいと思ったときは、怒鳴ったり命令したりはせず、まずは「うんうん、そうか」と労をねぎらうように頷くだけでいい。

すると、部下は言い訳をするかもしれないが、そのときに何も言わずに頷いていると、部下は次第にプレッシャーを感じるだろう。

そして自ら「A社以外に営業に行けそうなところはありますか?」と聞いてくるだろう。

ここでいろいろ言いたくなるかもしれないが、あえて何も言わないで頷く。

そうすることで、解決策を上司に頼っていた部下が「もう一度交渉をしてみます」と自分から行動しようとするかもしれない。

このように、余計なことはいっさい口にせずに頷くだけで部下を説得できるし、部下の成長にもつながるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク