心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

会話上手は「間」の取り方がうまい

世の中にはいろんなタイプの人がいるが、会話が上手な人と下手な人がいる。

そんなに大事な話でなくても、なぜか聞き入ってしまう人の話し方には秘密がある。

スポンサーリンク

  関連記事

「ちょっとご相談が…」で他人を動かすことができる

自分の思い通りに動いてもらいたいと思ったとき、部下ならまだしも、目上の人やプライドが高い人であればそれは至難のワザである。

しかし、そんな人を動かすことができる方法がある。

細かいことを気にする人は説得がしやすい

細かいことをいちいち気にする人は、警戒心が強いといったイメージから説得するのが難しいと思うだろう。

いろいろと質問されたりして面倒かもしれないが、ウラを返せば、細かいことを気にする人ほど説得しやすい人はいないのだ。

座る席によって緊張が和らぐか、窮屈な気分になるか変わってくる

デートのときに、めったに行かないような高級レストランに行くと、ふだんは陽気な彼女も緊張して無口になってしまうだろう。

こういうときは、あらかじめ店の奥の席を予約しておいて、当日は壁を背にして彼女を座らせてあげるといい。

お礼を言う前に、一度心で唱えてから声に出すといいワケ

人は、慣れてくると思わぬ誤算を招くことがある。

頻繁に口にしている言葉もそのひとつだ。

多忙な人に話を聞いてもらうにはどうすればいい?

忙しくて話をなかなか聞いてもらえそうにない人がいた場合、その人を説得するにはどうすればいいだろうか。

時間がない相手を引き留めて話をしたところで、相手は時間のことばかり気にして話に取り合ってもらえないだろうし、たとえ聞いてくれたとしても、「考えとく」とお茶を濁されて終わってしまうだろう。

握手を求めてくる相手にはどう対応すべき?

名刺交換の前に握手をしようとする人がいる。

欧米では当たり前だが、日本ではあまりしない行動だ。

意見が食い違ったときに揉めずに済ませるワザ

交渉をスムーズに進めるには、自分と相手の考えが一致していることを繰り返し強調するといい。

こうすることで、お互いが常に同じ意見でいるような感覚になるからだ。

角を立てずに相手の提案を拒否するにはどうすればいい?

上司や先輩など断りにくい相手から、あまり気乗りしない提案や誘いを受けた時にどうやって断ればいいかと悩んだことがあるだろう。

こんなときに、角を立てずにやんわりと拒否できる方法がある。

後悔しやすい人ほど説得されやすいワケ

誰かを説得するときに、何かにつけて後悔しやすい人や、過ぎたことをいつまでも引きずる人がいる。

じつは、こういう人のほうが説き伏せやすいのだ。

相手に“凄みのある人”と思わせるワザ

世間で大物と言われる人物には近視の人が多いことを知っているだろうか。

近視の人が遠くのものを見ようとするときに目を細めてものを見るが、じつはこれが大物らしさを出していることがある。


スポンサーリンク

話すときの速度やリズムもそのひとつだが、なんといっても「間」の取り方が絶妙だろう。

単調な口調で話をされていては、聞いてる側からすれば次第に飽きてくるし、何を言いたいのかも分からなくなってくる。

だからといって、早口で言ってしまうのもよくない。

これでは会話が成り立っておらず、逆に喧嘩を売っているようにも感じる。

しかし、一方で会話が上手な人の話し方にはメリハリがあるのだ。

そして、ここ一番という大事なところでは、絶妙な「間」が入るのだ。

聞いている側からすれば、一瞬の沈黙の後に、どんな言葉が出てくるのかと興味を持つので、自然と話の内容が頭に入ってくるだろう。

具体的に言うと、何かを説明するときは、「つまりそれは」でいったん区切った後に、「こういうわけなのです」と、一呼吸おいてから言うといい。

興味を持って話を聞いてもらいたいと思うのなら、それなりのテクニックを身に着けておくといいだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術