会話上手は「間」の取り方がうまい

話すときの速度やリズムもそのひとつだが、なんといっても「間」の取り方が絶妙だろう。

単調な口調で話をされていては、聞いてる側からすれば次第に飽きてくるし、何を言いたいのかも分からなくなってくる。

だからといって、早口で言ってしまうのもよくない。

これでは会話が成り立っておらず、逆に喧嘩を売っているようにも感じる。

しかし、一方で会話が上手な人の話し方にはメリハリがあるのだ。

そして、ここ一番という大事なところでは、絶妙な「間」が入るのだ。

聞いている側からすれば、一瞬の沈黙の後に、どんな言葉が出てくるのかと興味を持つので、自然と話の内容が頭に入ってくるだろう。

具体的に言うと、何かを説明するときは、「つまりそれは」でいったん区切った後に、「こういうわけなのです」と、一呼吸おいてから言うといい。

興味を持って話を聞いてもらいたいと思うのなら、それなりのテクニックを身に着けておくといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク