心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「あの」の一言が、物の価値を高める秘密を握っている!?

テレビのテレホンショッピングなどでよく耳にするのが、「これが今話題の○○です!」という、商品紹介の決まり文句である。

本当に話題かどうかはさておき、そう聞くと「この商品はそんなに有名なんだな」と思い込んでしまうのが人間なのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

人の本心は、顔の右側と左側どちらに表れる?

人の顔は左右対称のように見えるが、じつはそうではない。

ひとそれぞれ目の大きさや鼻の形、口元などが微妙に異なっているのだ。

相手の自信を揺さぶるには「即答できない質問」が効果的!

相手に口答えをさせずにこちらの思い通りにしたいときは、相手が即答できないような質問を連発するといい。

なぜなら、質問に即答できないことにより相手は自分に自信を無くしてしまい、「はい、わかりました」「そうですね」と肯定するようになるのだ。

褒め言葉に乗せられやすい人の共通点とは?

褒めるというのは簡単そうにみえて意外と難しい。

褒めるときに、相手に好かれようと思っていろんな人を褒めていては、「調子のいい人」や「ヨイショばかりしている人」と思われてしまい、かえって嫌われてしまうこともある。

落ち込んだ人に効果的な「無条件のストローク」

仕事で同僚がなにか大きな失敗をしてしまい、落ち込んでしまうことがあるだろう。

そんなときに周りはその人をフォローしたり励まそうとするが、このときに「失敗は誰にでもあるよ」と言いたくても、それがあまりに大きな失敗だとそうはいかないし、「また次があるよ」というのも無責任な発言になり、本人はますます落ち込むかもしれない。

お礼を言う前に、一度心で唱えてから声に出すといいワケ

人は、慣れてくると思わぬ誤算を招くことがある。

頻繁に口にしている言葉もそのひとつだ。

その日の天気によって、人の気持ちは変わってくる

人間の心理はあらゆることに左右されるものだ。

じつはその中で「天候」もかかわっており、その日の天気が晴れなのか、それとも雨なのかによって、人の感情に大きく影響するのである。

前向きな言葉をかけると関係が深まるワケ

失恋いて落ち込んでいるとき、親身になって話を聞いてくれたり慰めてくれた人を好きになって、そのまま付き合い始めるということはよくある。

とくに、自分に自信を失ったり、困難な状況のときにどうしていいかわからなくなったときなどだ。

座る席によって緊張が和らぐか、窮屈な気分になるか変わってくる

デートのときに、めったに行かないような高級レストランに行くと、ふだんは陽気な彼女も緊張して無口になってしまうだろう。

こういうときは、あらかじめ店の奥の席を予約しておいて、当日は壁を背にして彼女を座らせてあげるといい。

周りが騒がしいときは、ささやくように話したほうがいい?

喫茶店やレストランに行くと、いろんな人の話し声で騒がしいことが多いだろう。

このような場所で商談などをすると、相手の注意をひくのにいろいろと苦労をするだろう。

相手がどうしても話したくなる「プレッシャー」の与え方とは?

人を説得するときに欠かせないのが「言葉」である。

プレゼンテーションや商談をする時に、ただグラフや商品を見せたところで何の説得力もないが、言葉で説明することで相手に伝えるという重要な役割を果たすのだ。


スポンサーリンク

どうみてもそんなに人気な感じがしないものでも、こう聞くとみんなが手を出して、そのうち本当に話題になるだろう。

なぜなら、最初はそんなに関心がなかったのに、言葉につられてつい購入してしまうからだ。

じつは、何かを紹介するときに「あの」「これが」などの指示代名詞をつけることによって、陳腐なものでも価値があるかのように見えてくるのだ。

この指示代名詞は、誰でも知っていることのように思わせることができるという点にある。

「あの商品がお買い得です」と言われると、その商品のことを自分だけが知らなかったような気がして、自然と興味がわいてくる。

これは、雑誌の広告に「これが噂の○○です!」と掲載されているのと同じだ。

いかにもトレンドのように思わせて、興味を持たせようとしているのだ。

スポンサーリンク

 - 心理戦術