相手が思わず話したくなるうなずき方とは?

そのためには、相手に「この人に話をしたい」という気持ちを持たせる必要があるが、そのためにはどうすればいいのか。

それは「うなずき」と「相槌」である。

たとえば、顔色ひとつ変えずに黙って聞いている人がいたらどうだろうか。

熱心に聞いてくれているように見えるが、相手が何を考えているのか、どう思っているかといったことがわからないし、自分の話がつまらないのかもしれないと不安になってしまうだろう。

逆に、話に対して「そこはどうなの?」「その後は?」などと質問をしてくる人がいる。

話のさらなる展開をしているように見えるが、これは話のペースを乱されるのでかえって迷惑だろう。

しかし相槌であれば、相手の話のペースを乱すこともなく、かつ話を聞いているというのが相手に伝わる。

相手の目を見ながらうなずくことで、「あなたの話に興味を持って聞いてますよ」と伝えることができるので、相手は安心して、自分のペースで話をすることができるというわけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク