前向きな言葉をかけると関係が深まるワケ

こんな状況のときに、誰かに「私にできることがあれば遠慮なく言ってください」とか、「次はきっと成功するよ」などと親身になって声をかけられると、普段よりもうれしく感じるうえに、その人に対して自然に好意や信頼を寄せるのだ。

この心理は、誰かに少しでも自分を認めてほしいという気持ちから起こるもので、落ち込んでいるときや逆境にいる人は、そんなときに自分を認めてくれる相手に出会うと無条件に親近感を持つのである。

このことを活かして、もし会社で同僚が失敗したときには積極的に話しかけて励ましてあげるといい。

そうすることであなたの評価が上がるだけでなく、相手との絆が生まれることもある。

同僚の失敗は、その人との関係を深くするチャンスでもあり人脈を広げるチャンスでもあるので、そのような状況になっていたら、できるだけ早く自分から前向きな言葉をかけてあげたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク