指摘を受け入れてもらう魔法の言葉

言い方によっては、相手が人格を否定されたと受けとり、それまでの友好関係にひびが入ってしまうかもしれないのだ。

しかし、そんなことをいって相手の間違いを見て見ぬふりするわけにもいかない。

無視しても相手のためにならないうえに、自分の仕事にまで影響がくるかもしれない。

やはり間違いは間違いとしてきちんと指摘すべきだろう。

こういうときに、相手を刺激せずに間違いを指摘する魔法の言葉がある。

それは「私だったら、こうする」という言い方だ。

自らを主語にした状況に置き換えることで、相手の気持ちを和らげることができるのだ。

ちなみにアメリカの心理療法から生まれた「アサーション」という、コミュニケーションスキルのひとつなのだ。

この方法を使えば、自分の意見を相手に確実に伝えることができ、そのことで人間関係にひびが入ってしまうこともない。

もちろん、自分のストレスも抑えることができるので、ぜひ実践してみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク