その日の天気によって、人の気持ちは変わってくる

多くの人は晴れの日が好きだろうし、なにより機嫌がいいだろう。

逆に雨や曇りだと、テンションが下がるだろう。

もし大事な商談や交渉があるときは、話をする場所が屋内外問わずできるだけ晴れている日にするほうが、話を快く承諾してもらえる可能性が高まるだろう。

天候に左右されない職業についている人であっても、せめてその日の天気予報を、できれば週間予報も確認しておくといい。

なぜならば、気分屋の上司や取引先を相手するときには、たとえ話が同じ内容であっても、その日の相手の気分によって商談の結果が変わるかもしれないからだ。

成功率を上げるには、できるだけ晴れの日に行うといい。

さらに、相手の機嫌が良い時に話をするとなおいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク