心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

落ち込んだ人に効果的な「無条件のストローク」

仕事で同僚がなにか大きな失敗をしてしまい、落ち込んでしまうことがあるだろう。

そんなときに周りはその人をフォローしたり励まそうとするが、このときに「失敗は誰にでもあるよ」と言いたくても、それがあまりに大きな失敗だとそうはいかないし、「また次があるよ」というのも無責任な発言になり、本人はますます落ち込むかもしれない。

スポンサーリンク

  関連記事

相手を褒めるとき、本人がいないところで褒めると効果抜群!?

誰でも、自分の長所や頑張りなどを褒めてもらえるとうれしいものだ。

このとき直接相手に話せば、素直に喜んでもらえるが、じつはそれよりももっと効果的な方法があるのだ。

説得するときは、相手が予想してないことから話すといい

相手を説得したいときは、まず相手が予想してないような話から始めると効果的である。

これは、相手が身構えている場合、相手がこんな風に攻めてきたら、こんなふうに応じようと理論武装したり、こう質問してきたらこう答えようという感じで、あらかじめ準備をしているだろう。

相手の怒りの感情を確かめたいときはどこをチェックすべき?

相手が怒っているかどうかは、簡単にみえて意外と難しい。

顔や態度に出る人ならまだしも、我慢をしていることが多いからだ。

頼みごとを聞いてもらえる人が実践している心理作戦

何か頼みごとをするときは、「〜ので」と理由をつけると聞き入れてもらいやすいだろう。

たとえば休日出勤を変わってもらいたいときに、ただ「代わってほしい」とだけ言ってもなかなか聞き入れてもらえないが、「用事があるので」と一言だけでも理由を付け足すと、それなら仕方ないとOKしてくれる確率がぐんと上がるだろう。

「全員一致」の会議にはある心理が働いている

会議というと、「誰もが自分の意見を発言する場」というのが建前である。

ある程度の人数で集まり、その中である議題について話し合い、いろんな人の意見が飛び交う。

感情的になっている相手と向き合う方法

何事にもすぐ感情的になって声を荒げる人がいる。

そのときに、自分もつられてカッとなってしまっては議論ができないし、なにより大人気ないだろう。

褒め言葉に乗せられやすい人の共通点とは?

褒めるというのは簡単そうにみえて意外と難しい。

褒めるときに、相手に好かれようと思っていろんな人を褒めていては、「調子のいい人」や「ヨイショばかりしている人」と思われてしまい、かえって嫌われてしまうこともある。

相手の自信を揺さぶるには「即答できない質問」が効果的!

相手に口答えをさせずにこちらの思い通りにしたいときは、相手が即答できないような質問を連発するといい。

なぜなら、質問に即答できないことにより相手は自分に自信を無くしてしまい、「はい、わかりました」「そうですね」と肯定するようになるのだ。

指摘を受け入れてもらう魔法の言葉

どんなに度胸がある人でも、相手のミスを指摘するのはなかなか難しいものだ。

そのつもりがなくても、相手が批判や否定をされたと感じてしまうことがあるからだ。

いくつかの選択肢から結論を選ばせて相手を納得させるには?

交渉事において、なかなか結論を出せない人がいるが、この時に早く答えを出してほしくてもせかしてはいけない。

相手は複数の選択肢で迷っているので、そんなときはこちらから選択肢を用意してあげればいいのだ。


スポンサーリンク

こんなときは、本人が落ち着くまでそっとしておくのが一番なのだが、ずっと自分の失敗から立ち直れていなければ、本人も周りも苦労してしまうが、それを防ぐのに効果的な方法がある。

それは、落ち込んでいる相手自身の人間的に優れている部分を褒めてあげると効果的だ。

たとえば「○○さんは優しいところがあるから」「○○さんは几帳面だね」という感じで相手の人間性を褒めてあげるといい。

なぜなら、責任感の強い人ほど大きな失敗をしたときに、仕事だけでなく自分の人格まで否定してしまうからだ。

心理学では、行動を含めたコミュニケーションのことをストロークと呼ぶ。

このように、相手のことを無条件で認めることを「無条件のストローク」という。

ひどく落ち込んでいる相手の人格を褒めることで、相手はその失敗から立ち直ることができ、あなたに対して今まで以上に心を開いてくれるだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術