モチベーションが上がる「目標設定」とは?

しかし、目標の立て方を間違えると逆にモチベーションが下がってしまい、逆効果になってしまう。

目標設定をするうえでまず大事なことは、具体的な目標を立てることだ。

目標設定が曖昧だと、最初はよくても次第に「何のために頑張ってるんだろう」と考えてしまい、やる気がなくなってしまう。

なぜなら、目標に向かうにはどうすればどうすればいいかが見えなくなるからなのだ。

特にやる気のない社員にとっては困惑するか無視するかで行動を起こそうとしないだろう。

しかし「先月の売り上げの2割増し」などと具体的な目標を掲げることで、この目標を達成するためにはどう努力すればいいかがわかるだけでなく、目標の達成度が目に見えるので、モチベーションを常に高く持つことができる。

月間目標であれば、月の半ばで「目標までまだ1割しか達成してないから、あと1割頑張ろう」という風に行動に直結するだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク