心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

悩んでいる人の心を開かせる方法とは?

どんなに明るく元気に仕事をしている人でも、落ち込んだり、悩み事を抱えていて仕事が手につかなくなることがあるだろう。

そんな姿を見たときは声をかけてあげるのが一番だが、このときに相手の心を開かせる方法がある。

スポンサーリンク

  関連記事

落ち込んだ気分を吹き飛ばしてくれる言葉の力

仕事でミスをした時や、失恋をした時など、気分が落ち込んで元気になれないことは誰にでもある。

そんなときは、気持ちも考え方も後ろ向きになってしまい、いつのまにか負のスパイラルに陥ってしまう。

会話上手は「間」の取り方がうまい

世の中にはいろんなタイプの人がいるが、会話が上手な人と下手な人がいる。

そんなに大事な話でなくても、なぜか聞き入ってしまう人の話し方には秘密がある。

会話の端々に「私たち」を入れると、印象がガラッと変わる

「僕は」「私は」などと自分の主張ばかりする人は、一般的には自己中心的な人だと思われる。

いい印象をもたれないのもこのタイプだろう。

大きなお願いをする前に「小さなお願い」をすると効果的

誰かに面倒なお願いをしようと思ったとき、それをどう切り出すか悩むだろう。

ストレートに頼んでも断られるのが目に見えていればなおさらだ。

指摘を受け入れてもらう魔法の言葉

どんなに度胸がある人でも、相手のミスを指摘するのはなかなか難しいものだ。

そのつもりがなくても、相手が批判や否定をされたと感じてしまうことがあるからだ。

自分の短所をあえて見せたほうが信頼される!?

友達や職場の同僚と信頼関係を築くときには、できるだけ自分のいいところを知ってもらおうとするが、本当に信頼を得たいと思うなら、会話の中に自分の欠点を混ぜて話すといい。

そもそも完璧な人間など存在しないのだが、誰でも初対面の人の前では弱みを見せようとしない。

心を開かせたいなら「不快な物言い」も重要

ビジネスマンの中には、会話に自信がないという人もいるだろう。

そんな人に参考にしてもらいたい人物がいる。

「全員一致」の会議にはある心理が働いている

会議というと、「誰もが自分の意見を発言する場」というのが建前である。

ある程度の人数で集まり、その中である議題について話し合い、いろんな人の意見が飛び交う。

相手がどうしても話したくなる「プレッシャー」の与え方とは?

人を説得するときに欠かせないのが「言葉」である。

プレゼンテーションや商談をする時に、ただグラフや商品を見せたところで何の説得力もないが、言葉で説明することで相手に伝えるという重要な役割を果たすのだ。

座る席によって緊張が和らぐか、窮屈な気分になるか変わってくる

デートのときに、めったに行かないような高級レストランに行くと、ふだんは陽気な彼女も緊張して無口になってしまうだろう。

こういうときは、あらかじめ店の奥の席を予約しておいて、当日は壁を背にして彼女を座らせてあげるといい。


スポンサーリンク

それは、三度声をかけることだ。

一度声をかけたときに、相手と親しければすぐに話をしてくれるだろうけど、そうでもない相手に聞かれた場合は場合は「何でもない」と言って話をしてくれないだろう。

なぜなら、一度だけだと「どうせわかってもらえない」「あまり話をしたくない」といった理由で話そうとはしないが、あえてもう一度「ちょっと気になったもので…」などと声をかけることで、相手に対して本当に心配しているという気持ちが伝わり、心を開いて話をしてくれるだろう。

じつは相手の心の中では、自分自身が抱えているフラストレーションを誰かに聞いてもらいたいと思っていることがほとんどなのだ。

だが、誰にでも話すわけにはいかないので、一度は拒否をしてしまうのだろう。

まずは、相手に心を開いてもらうことが最優先なのだ。

そのことがきっかけで、お互いの距離感が近くなるかもしれない。

スポンサーリンク

 - 心理戦術