悩んでいる人の心を開かせる方法とは?

それは、三度声をかけることだ。

一度声をかけたときに、相手と親しければすぐに話をしてくれるだろうけど、そうでもない相手に聞かれた場合は場合は「何でもない」と言って話をしてくれないだろう。

なぜなら、一度だけだと「どうせわかってもらえない」「あまり話をしたくない」といった理由で話そうとはしないが、あえてもう一度「ちょっと気になったもので…」などと声をかけることで、相手に対して本当に心配しているという気持ちが伝わり、心を開いて話をしてくれるだろう。

じつは相手の心の中では、自分自身が抱えているフラストレーションを誰かに聞いてもらいたいと思っていることがほとんどなのだ。

だが、誰にでも話すわけにはいかないので、一度は拒否をしてしまうのだろう。

まずは、相手に心を開いてもらうことが最優先なのだ。

そのことがきっかけで、お互いの距離感が近くなるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク