心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

顔が上と下どちらを向いているかで、人の印象は変わる?

日本には昔から「つらい時こそ上を向く」という言葉がある。

これには、下を見ていても幸せは落ちてこない、だからつらい時こそ上をむいて歩こうという意味なのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

鏡があったら、しっかりと自分を映して確認するべし

鏡を見ながら髪形や服を整えたりチェックしたりすることは、誰もがやっていることだ。

だが、この行動をところかまわずしている人がいたら、それは「公的自己意識」が高い証拠である。

完璧な企画はかえって反発を招いてしまう!?

人は、たとえ上司からの指示であっても、他人から頼まれたものをそのまま受け入れたり、他人が敷いたレールの上を進むことを好まない。

とくに、その人が有能な人であるほど、他人の意見を否定したがる傾向がある。

いくつかの選択肢から結論を選ばせて相手を納得させるには?

交渉事において、なかなか結論を出せない人がいるが、この時に早く答えを出してほしくてもせかしてはいけない。

相手は複数の選択肢で迷っているので、そんなときはこちらから選択肢を用意してあげればいいのだ。

時間通りに会議を始めるための心理作戦

会社の定例会議となると、回数を重ねるにつれて遅刻する人が増えてくることがある。

毎回同じような流れで慣れてくると、つい「ちょっとくらいいいだろう」「自分だからいいだろう」というような感じで気が緩むものだが、そのときに「全員がそろってから始めましょう」と遅れてくる人を待ってから会議をすると、そのうち定時に行っても待たされるだけという気持ちになり、余計に遅刻する人が増えてしまうが、こんなときに有効な対処法がある。

会話の端々に「私たち」を入れると、印象がガラッと変わる

「僕は」「私は」などと自分の主張ばかりする人は、一般的には自己中心的な人だと思われる。

いい印象をもたれないのもこのタイプだろう。

周りが騒がしいときは、ささやくように話したほうがいい?

喫茶店やレストランに行くと、いろんな人の話し声で騒がしいことが多いだろう。

このような場所で商談などをすると、相手の注意をひくのにいろいろと苦労をするだろう。

なぜか反応してしまう「群衆の中の顔効果」とは?

某アイドルグループのような大勢の人の顔写真を一度に見せられた時に、一番印象に残るのはどんな人だろうか。

もちろん、ひとりひとり見ていけばそれぞれの顔を見ることになるが、そんなたくさんの人が写っている中でどこに注目するかというと、それは表情に秘密があるのだ。

周囲の評価が高い人は、自分の見せ方・隠し方がうまい

あなたが仕事で成功した時に、ここぞとばかりに自分の手柄をアピールしてはいないだろうか。

もちろん成功するのはいいことだが、この自慢げな態度は周囲から反感を買ってしまうことがある。

結論は、最初と最後に2回いうと効果的

会議や打ち合わせの時に、自分の意見を述べたり、成果を報告したりすることがある。

このときに、結論をどのタイミングに持ってくるかによって、相手にうまく伝わるかどうかが変わってくるのだ。

「ちょっとご相談が…」で他人を動かすことができる

自分の思い通りに動いてもらいたいと思ったとき、部下ならまだしも、目上の人やプライドが高い人であればそれは至難のワザである。

しかし、そんな人を動かすことができる方法がある。


スポンサーリンク

たしかに下ばかり向いていては、気持ちがさらに落ち込んでしまうだろう。

上を向けば、自然と気持ちが前向きになるようなきがする。

それもそのはず、じつはこのことは心理学的に見ても、顔の向きと気持ちの浮き沈みは無関係ではないのだ。

たとえば、いつも明るくポジティブな人は、たとえ落ち込んだりすることがあっても、顔を上に向けて前向きに考えているのかもしれない。

一方でいつも下を向いているイメージがある人はというと、良く言えば謙虚なのだが、悪く言えば自分に自信がない人であり、引っ込み思案な一面を持っているだろう。

やはり、相手に与える印象がいいのは前者のほうなので、落ち込んでいるときでもちょっと無理して上を向いてみるといい。

そうすることで、自分の気持ちも少しは楽になるかもしれない。

ちなみに顔の右側には「強さ」や「希望」といったイメージが表れるので、覚えておくといいだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術