相手に“凄みのある人”と思わせるワザ

この近視の人が目を細めるしぐさには、本人がどう思っているかなどは関係なく相手に対して強そうなイメージを与えるのだ。

よく言えば威厳があるのだが、悪く言えば怖いのである。

これは実際にある実験を行っており、同じ人の顔の写真を用意して、一枚には目を細めた加工を、もう一枚には目を見開いた加工をした写真を見比べてみた結果、目を細めたほうは強気に見えるが、見開いているほうは服従的に見えるという答えが多かったのだ。

つまりこれは、商談や交渉をするときに大いに役立つ可能性がある。

商談や交渉の最中に、意識的に目を細めてみるといい。

たったこれだけで相手は“凄みがある人”と認識するに違いない。

話も有利に進めることができるだろう。

ただし、相手をにらみつけたりしないように注意するのがコツだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク