なかなか視線が合わない人の本心を確かめる方法

実際、じっと見つめられるというのは相手があなたに対して関心があるという気持ちの表れなのだが、視線を外す人はそれと逆の気持ちを抱いている可能性が高い。

つまり、あなたの話に関心がなかったり、あなたに対して嫌悪感を抱いているかもしれない。

視線をまったく合わせない人はマイナスの意思表示をしているのだ。

このときに、相手の視線に注目してほしい。

相手の視線が左右に動いているときは、話に対して無関心であり、下に向いていれば脅えているのだ。

また、伏し目がちになっているときは服従を表している。

もし自分が伏し目がちになっていたら、相手のペースに流される前に対策をとったほうがいい。

とにかく、相手と視線が合わなくなってきたと思ったらあまりいい状況ではないので、話題を変えてみたり、話を早めに終わらせたほうがいいだろう。

話を変えることで、相手があなたの話に興味を持ってくれるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク