心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

口癖が「しかし」の人の意見にご用心!?

7da95fe032d26a765344d228a8a9747a_s

相手の意見に対して「しかし」という否定の言葉を使うとする。

「今月の売り上げ目標は100万円だ」と言った人に対して、「しかし現状では難しいのでは」と言われると、どうしてそう後ろ向きな言い方をするのかと思われるだろう。

この「しかし」という言葉はいたるところで使えるが、場合によっては余計なひと言になりうる。

スポンサーリンク

  関連記事

相手の「座り方」で、その人の退屈度がわかる!?

椅子に座って相手と話をしているときに、相手の座り方に注目してほしい。

じつは、相手の座り方によって、どれだけその話に興味を持っているかがわかるのだ。

相手のことを「おたく」と呼ぶ人の心理は?

相手を呼ぶときに、なにかと「おたく」と呼ぶ人がいる。

例をあげると、「おたくの子は礼儀正しいですね」などだ。

元々「おたく」というのは個人に 対してあまり使う言葉ではなく、相手の家や所属を指す時に使われるものである。

相手がその意味を分かっているかどうかはわからないが、名前で呼ばず「おたく」と呼ぶ場合は その相手に対して関心がない可能性が高いだろう。

頻繁に足を組み換える人は、いったい何を考えている?

座席に向かい合って座っている相手が自分に対してどう思っているかどうかを知りたいときは、顔の表情以外に足元を見てみるといい。

たとえば、あなたを受け入れている態度のときは、自然な感じで足を開いてリラックスしているだろう。

しかし、足を固く組んでいたら、それは緊張しているか、もしくは気を許していないというサインなのだ。

「でも」という口癖に隠された本心

自分が話をしているときに、相手から「でも〜だよね」と否定されると、なんだか不愉快になる。

決していやがらせする意味で使っているとは限らないが、「でも」が口癖になっている人は、慎重な性格で、いい面よりも悪い面を重視してしまう人が多い。

「だから~」と話を強引に展開する人の心理は…?

話をするときに、ムードメーカーな人がいると話が盛り上がるし、何より楽しい。

だが、 話が盛り上がってくると、会話の中心になりたがる人がいる。

人によっては、話を 聞くよりも話すほうが好きという人もいるだろう。

「それから」という言葉を繰り返す人の共通点

周りには、ムードメーカー的存在の人は何人かいるだろう。

常に何かしらの話のネタを持っているだけでなく、交友関係が広く、周りを盛り上げてくれる人。

そんな人は、面白いだけでなく、頭の回転も速く聞き上手、話し上手なのだ。

「あるいは」や「もしくは」をよく使う人には気を付けよう

話と話をつなぐ言葉はいろいろあるが、「あるいは」「もしくは」を多用する人にはある特徴がある。

「Aにするか、あるいはBにするか」と言うモノを選ぶとき、「遊びに行く、もしくは家でのんびりする」といった具合に、物事を合理的に考える人ほどよく使う言葉なのだ。

仕事が中途半端な人には、ある言葉の特徴がある。

仕事ができているようでできていない、そんな人を目の当たりにした経験はないだろうか。

そんな人に限って、ある言葉を頻繁に使っている。

それは、「時間がない」という言葉だ。

「時間がない」と聞くと一見忙しそうに思えるが、よく相手の行動を見ていると、無駄が多かったり時間の配分ができていないといった場合がある。

挨拶するときに手をおなかに置く理由とは?

初対面の人と挨拶を交わす時は、ほとんどの人は相手にいい印象を与えるために、事前準備や身だしなみのチェックをしてから望むだろう。

特にビジネスシーンにおいては、商談などがからんでくるので特に注意が必要だ。

別れ際の相手の言葉で、脈があるかどうか分かる!?

友達や取引先との別れ際の挨拶のときに、人の本音が出やすいものである。

特にビジネスの場 であれば社交辞令であることが多いのだが、たとえば取引先との商談で新しい提案をしたときに、相手が終始興味のないような態度をとっていた場合、別れ際で相手が「近いうちに連絡します」と言った場合はどうだろうか。


スポンサーリンク

AさんとBさんが話しているところに、Cさんが「しかし」と割り込もうものなら、「なぜあなたに否定されるの?」となるかもしれない。

もちろん受け入れられるかもしれない。

口癖のように「しかし」を多用する人ならば、会話のつなぎや話に加わるきっかけとして受け止めてもらえると思う。

「しかし」を使うことで、話に参加したり、または現在の意見を否定して注目されたいといった意識のほうが大きいかもしれないが、的確な使い方をすれば、「何か意見を言ってくれる」と期待されることもあるので、今までにない革新的なアイデアや意見がある場合のみに使うか、聞く側は過剰な期待をせずに軽く受け流しながら聞くと、お互いがぶつからずに済むだろう。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言