初対面の相手に親近感を持たせるための秘密

たとえば、相手の趣味を聞こうとするときに、単に「趣味はなんですか?」と聞かれるよりも、「○○さんの趣味はなんですか」というように、相手の名前を付けて質問をすると、同じ質問でも親近感が増すだろう。

これはビジネスの場においても有効で、たとえば名刺交換をしたときに、名刺を受取って終わりではなく、相手の名前の確認をかねて名前を読んでみると、相手も親近感が湧くだろう。

ふつう、下の名前を呼ぶのは親しい人に限られているので、会話のなかに下の名前を盛り込むことで、無意識のうちに相手の緊張をほぐすことができるだろう。

もし相手が珍しい名前の人であれば、その名前の由来を聞いてみたりして話題を振ってあげるといい。

そこで関心を装いつつ相手の名前を呼ぶと効果的だ。

名前を呼ぶことで、初対面の人であっても、次第に緊張が解けて会話が和やかに進むし、あなたに対する印象も変わってくるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク