心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

相手に「イエス」と言わせるにはどうすればいい?

相手を説得するときに、いきなり本題から切り出す人はいないだろうか。

もちろん、話をだらだらとされるより、結論を述べてから理由を話すということも大切だが、相手にイエスと言わせたいならばかえって逆効果なので注意すべきだ。

スポンサーリンク

  関連記事

細かいことを気にする人は説得がしやすい

細かいことをいちいち気にする人は、警戒心が強いといったイメージから説得するのが難しいと思うだろう。

いろいろと質問されたりして面倒かもしれないが、ウラを返せば、細かいことを気にする人ほど説得しやすい人はいないのだ。

「ちょっとご相談が…」で他人を動かすことができる

自分の思い通りに動いてもらいたいと思ったとき、部下ならまだしも、目上の人やプライドが高い人であればそれは至難のワザである。

しかし、そんな人を動かすことができる方法がある。

相手に“凄みのある人”と思わせるワザ

世間で大物と言われる人物には近視の人が多いことを知っているだろうか。

近視の人が遠くのものを見ようとするときに目を細めてものを見るが、じつはこれが大物らしさを出していることがある。

適度に「じらし」をすることで、相手の満足感は変化する

量販店に行って前からほしいと思っていた商品を見つけたとき、値札に書かれた金額よりも安い値段を言ってみたところ、店員は「いいですよ」と言ってくれる場合がある。

本来ならば喜ぶところだが、素直に喜べない人も多いだろう。

後悔しやすい人ほど説得されやすいワケ

誰かを説得するときに、何かにつけて後悔しやすい人や、過ぎたことをいつまでも引きずる人がいる。

じつは、こういう人のほうが説き伏せやすいのだ。

頼みごとを聞いてもらえる人が実践している心理作戦

何か頼みごとをするときは、「〜ので」と理由をつけると聞き入れてもらいやすいだろう。

たとえば休日出勤を変わってもらいたいときに、ただ「代わってほしい」とだけ言ってもなかなか聞き入れてもらえないが、「用事があるので」と一言だけでも理由を付け足すと、それなら仕方ないとOKしてくれる確率がぐんと上がるだろう。

相手に興味を持たせるには「体験談」がカギを握る

何事も、漠然とした話より具体的な話のほうが興味を引くものだ。

前述のように、数字も大切であるが、誰かを説得するときには「体験談」を話すと効果的なのだ。

意見が食い違ったときに揉めずに済ませるワザ

交渉をスムーズに進めるには、自分と相手の考えが一致していることを繰り返し強調するといい。

こうすることで、お互いが常に同じ意見でいるような感覚になるからだ。

相手と親しくなるための相槌の方法とは?

話し上手は聞き上手とはよく言われる言葉だ。

相手と親しくなるには、まずは相手の話を聞くことが大切だ。

その時に注意したいのが、表情よりも、適度に相槌を打つことだ。

顔が上と下どちらを向いているかで、人の印象は変わる?

日本には昔から「つらい時こそ上を向く」という言葉がある。

これには、下を見ていても幸せは落ちてこない、だからつらい時こそ上をむいて歩こうという意味なのだ。


スポンサーリンク

たとえば、知り合って間もない女性に交際を申し込むとき、待ち合わせをしてすぐに「付き合ってください」と言っても、ほとんどの場合即答はしないだろう。

しかし、最初に趣味の話などをして打ち解けた後に交際を申し込めば、相手も「イエス」と言いやすい。

これは商談において取引先と交渉をするときも同じで、会ってからすぐに本題を切り出しても、相手は身構えてしまうだろう。

それよりも、まずは適当な世間話や相手が話しやすそうな話題を切り出して、警戒心を解いてあげるといい。

そのときに、相手が「イエス」と肯定しやすい会話の流れを作ることが大切だ。

イエスと言い続けることで無意識のうちに肯定的になるので、そこから本題に切り替わっても、相手は納得してあっさりとイエスと言ってもらえるだろう。

スポンサーリンク

 - 心理戦術