褒められるとうれしい「長所」の正しい見つけ方

たとえば営業成績がトップの部下に対しては、もちろん「素晴らしい業績ですね」と褒めるだけでも十分に喜ぶが、「報告書がいつも丁寧に書かれいて見やすいよ」と、成績以外のほかのことをほめてみたり、事務処理をしっかりとこなす社員に対しては「いつも一番に出勤していて感心だな」などと、勤務態度について褒めてみたりする。

このように、本人が自覚していることをほめられたときは、うれしくても感激するまではないだろう。

しかし、本人たちが自覚していない報告書の書き方や出勤時間など、思ってもみなかった部分をほめられると、「自分のことをきちんと見てくれていたんだな」と感じるに違いない。

それがどんなに小さなことであっても、相手にとってはとても大きなことかもしれない。

「この人に認められるようにもっと頑張ろう」とモチベーションがあがるだろう。

これは家庭でも同じで、ふだん気付かないような長所をほめてあげると、お互いの信頼が高まるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク