心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「やっぱり」は便利だけど難しい言葉のひとつ

36b4da553b670406918232b63d5014f4_s

日本語は、標準語以外に方言や略語などが多種多彩で難しい言語だといわれている。

実際、他の地域の方言なんかは日本人ですらわからないほどである。

決して方言ではないが、便利だけど難しい言葉のひとつとして、「やっぱり」がある。

スポンサーリンク

  関連記事

相手の「愚痴」に潜むその人の本心

あなたのまわりに、愚痴ばかりこぼす取引秋はいないだろうか。

「残業が多くてきつい」「給料が少ない」など、それらをただの愚痴だと思って聞き流してはいけない。

この愚痴には、あなたの会社への不満の「置き換え」なのかもしれない。

話の途中に「とにかく」が出たら要注意!

忙しいときに限って、セールスやどうでもいい内容の電話がかかってくる。

なんとも不思議だ。

「何かあるのかも」と思い、電話に出てはみるものの、相手の話がセールスやただの世間話であれば困るもの。

「だから~」と話を強引に展開する人の心理は…?

話をするときに、ムードメーカーな人がいると話が盛り上がるし、何より楽しい。

だが、 話が盛り上がってくると、会話の中心になりたがる人がいる。

人によっては、話を 聞くよりも話すほうが好きという人もいるだろう。

自分が大好きな女性は、自分のことを名前で呼ぶ。

話をするときに、小さい子が自分のことを名前で呼ぶのはかわいらしいが、大人になっても、プライベートはおろか職場などでも自分のことを名前で呼ぶ女性がいる。

慣れというか、無意識のうちに言っているのかもしれないが、周りの人からすれば白い目で見られているはずだ。

「あなたにはわからないと思うけど…」と前置きする人

相手から、「あなたには分からないと思うけど…」と前置きをされたとき、その内容が気になる自分と、相手に対して不愉快に思う自分のどちらかを感じるだろう。

人によっては両方思うかもしれない。

「わからないと思うけど」と前置きをする人は、実は自分自身でもよくわかっていないけど分かっているように話す、いわば知ったかぶりをしていることが多い。

話の“ふたつの解釈”

意見の主張がはっきりできる人、できない人、周りにそれぞれいるだろう。

話を始めるとき、「〜というか」で話し始める人は、相手の意見に対して賛成もしくは反対を主張するというより、とりあえず自分の意見を主張しておきたいタイプの人である。

別れ際の相手の言葉で、脈があるかどうか分かる!?

友達や取引先との別れ際の挨拶のときに、人の本音が出やすいものである。

特にビジネスの場 であれば社交辞令であることが多いのだが、たとえば取引先との商談で新しい提案をしたときに、相手が終始興味のないような態度をとっていた場合、別れ際で相手が「近いうちに連絡します」と言った場合はどうだろうか。

他人の意見をいつも認める人の本心はどうなのか?

人間関係を保つことは、言葉で言う以上に難しく大変なものだ。

人によってさまざまだが、人と話すのが好きな人、嫌いな人それぞれいるのも、もとはと言えば人間関係の影響だろう。

口癖が「しかし」の人の意見にご用心!?

相手の意見に対して「しかし」という否定の言葉を使うとする。

「今月の売り上げ目標は100万円だ」と言った人に対して、「しかし現状では難しいのでは」と言われると、どうしてそう後ろ向きな言い方をするのかと思われるだろう。

この「しかし」という言葉はいたるところで使えるが、場合によっては余計なひと言になりうる。

仕事が中途半端な人には、ある言葉の特徴がある。

仕事ができているようでできていない、そんな人を目の当たりにした経験はないだろうか。

そんな人に限って、ある言葉を頻繁に使っている。

それは、「時間がない」という言葉だ。

「時間がない」と聞くと一見忙しそうに思えるが、よく相手の行動を見ていると、無駄が多かったり時間の配分ができていないといった場合がある。


スポンサーリンク

同じ言葉でも使い方によって意味が変わるのは言うまでもないが、この「やっぱり」というのは

賛成にも反対にもなるからだ。例として、「彼はやっぱり正しかった」「彼はやっぱり間違っていた」

という文章を比較してみると、前者は賛成の意味、後者は反対の意味がある。

また、「やっぱり」は会話上で臨機応変に使うことができて、汎用性があるとも言える。ひとつに

縛られることなく、常に変化する環境にうまく適応していることがわかるが、「やっぱり」を

多用する人とは、その意見について深く考えると臨機応変に対応できなくなるので、軽い気持ちで付き合うと振り回されないだろう。我々が普段使っている言葉だが、こうしてよく考えてみると、「やっぱり」の位置関係はやっぱり難しい。

スポンサーリンク

 - 何気ない一言