お騒がせな人が使う意外な言葉、それは「意外と」だった!?

コンピュータのように、言われたことだけしかしない人などほぼ皆無だろう。

人間には「自ら考え行動する力」が備わっているからだ。

誰しもが会話の最中に「意外と」という言葉を使ったことがあるだろう。

そう、この言葉の使い方に人間性が現れるのだ。

「あの人、意外と優しいよね」「この仕事、意外と簡単だったよ」などのように、会話の中で「意外と」をよく使う人は“お騒がせ人間”なのかもしれない。

そもそも「意外と」という言葉には「意外性」が含まれており、常に変化していたいという思考が存在すると考えられる。

このことを長所としてとらえるならば、発想力に優れ、枠に限定されない性格と言える。

お騒がせ人間という一面を持ちながらも、それを生かせば仕事もはかどるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク