話の“ふたつの解釈”

このような人ばかりでは、当然会議や議論がスムーズに進むわけがない。

中立的な意見を出すことで、賛成と反対で揉めそうになったときに逃れることができるかもしれない。

しかし、スムーズに進行させるためには、「〜というか」のように中立に近い意見を出すよりも活発な意見を出して盛り上げることが大事なのだ。

恐れていては何も始まらない。

人によっては「〜というか」という言葉が口癖のようになっている人もいる。

そんな場合は、「〜というか」の後に、「〜したい」といった確定的な意見を述べることで、自分の意思がはっきりと相手に伝わるだろう。

語尾にちょっと付け足すだけで、曖昧だった表現が一つの意思としてみなされるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク