「あるいは」や「もしくは」をよく使う人には気を付けよう

一つのことを最初から最後まで話すより、重要な部分だけを抜き出して、さらにつなげることで説明の無駄を省けるほか、話を簡略化できるメリットがある。

しかし、場合によってはデメリットも発生する。

自分の意見だけを凝縮して伝えることで、相手への配慮が欠け、「わがままな性格」と思われてしまう可能性がある。

確かに、話に無駄がなくわかりやすいのだが、相手とのコミュニケーションをとるためにはまず結果を伝えた後に、要点だけをまとめた説明をすることで、双方の意思疎通ができて円滑に話が進む。

「あるいは」「もしくは」という言葉には、複数の選択肢を与えてその中から選んでもらうことができるというのが最大の特徴なので、その特徴を生かせる話し方を心掛けたほうがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク