「それから」という言葉を繰り返す人の共通点

しかし、そんな中には「それからさ」「それからね」など、「それから」という言葉を話の中で多用している人もいる。

そんな人は、話をすぐに切り替える特徴があるが、もう一つ、飽きやすいという特徴もある。

長所は、次々と目の前で起こる出来事に素早く対応でき、また状況に応じて切り替えができる点である。

一方短所は、ひとつのことが長続きしなかったり、打ち込んだりできない飽きっぽい部分であろう。

そんな人の友達には、その人と真逆のタイプ、つまりのんびりとした性格の人がいることが多い。

それは、切り替えが早い人からすれば、自分に合わせてくれる人がいると居心地がよく、切り替えが遅いのんびりタイプの人からすると、相手がリードしてくれるという+と-のような対象関係がうまく成り立っている。

その結果、お互い早すぎたり遅すぎたりする部分をお互いに打ち消しあって、程よい関係と環境ができあがるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク