「つまり」の使い方ひとつで、その人の印象はガラッと変わる

「つまり」をよく使う人は、良く言えば「倫理的な人だと言えるが、悪く言えば「理屈っぽい」ということになる。

この言葉のおかげで会話の内容が整理でき、「倫理的な思考を持ったかしこい人」という見方ができる。

しかし、「つまり」という言葉を使えばいいというものではない。

話の要点をまとめきれていないのに話のつなぎとして「つまり」を多用すると、何が大事なのかという話の趣旨すら崩してしまう可能性がある。

ただ単に使えばいいというものではないので注意が必要だ。

自分自身が使うときも同様に、相手からみた印象と、会話の要点をまとめる意味で使っているかどうか気をつけながら使うべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク