心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

先に視線をそらす人は、強い人!

相手と視線を合わせるのが気まずいという人は多いだろう。

すぐに視線を外す人は、周囲から「なにかやましいことがあるからだ!」などと言われると、なおさら面と向かえなくなるだろう。

しかし、先に目をそらすのは、決して気が弱いわけではないのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。

相手をじっと見つめる人は何を考えている?

子供のころに、「話をするときは相手の目を見なさい」と先生や親にしつけられただろう。

たしかに、話をしているときに目線が合わないとどこか不自然だし、あまり印象は良くない。

だが、じっと凝視されるのも気分がいいものではないだろう。

何に対しても「イエス」で返事をする人の心情は?

何に対しても反論せず、イエスマンな人がいる。

いちいち反論されるよりはましだが、自分の部下が、どんな意見でも「はい」と同調して返事をしている場合は注意をしたほうがいい。

他人を非難する人が抱えるコンプレックスとは?

自分のことを棚に上げて無理な要求をしてくる人がいる。

職場などで、自分は遅刻しても反省する様子はないのに、後輩が遅刻をすると目くじらを立てて責めたり、自分はパソコンがあまりできないのに、部下がパソコンで作成した書類に不備があると責め立てたりする先輩や上司などである。

なぜ、彼らは自分のことを棚に上げて他人を非難するのだろうか。

目を細めたら、それは不快感を感じているサイン?

太陽の光や蛍光灯など、まぶしいと感じたときに反射的に目を細めてしまうのは自然な反応だが、人はまぶしくないときにも目を細めることがある。

遠くを見るときに目を細めたり、不快感や嫌悪感を感じたときにも目を細めるのだ。

ひとりごとをよく言う人は、自己防衛本能が働いている!?

無意識のうちにひとり言を呟いている人がいる。

あくまでひとり言なので、誰かに話しかけているわけではないが、自分の思っていることや考え事などを、ついつい口に出してしまうのだ。

では、なぜひとり言を言ってしまうのだろうか。

話を始めると止まらない人は、何を考えている!?

夫が仕事を終えて帰宅すると、「おかえりなさい」と出迎える。

男性としては憧れのシチュエーションだろう。

しかし、出迎えると同時に妻が一方的に自分の話をし始めて止まらないということがある。

笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

特に親しくなくても、異性にニッコリと微笑まれるとつい一目惚れしてしまった経験はあるだろうか。

男性でも女性でも、笑顔が素敵な人はそれだけで好印象だ。

しかし、その笑顔に騙されて、泣きを見ることもある。

天使のような笑顔だと思ったら、じつは愛想笑いだったということも少なくない。

唾を飛ばしながら話す人には気を付けよう

話をしていてると、どんどんヒートアップして激論を繰り広げたことはないだろうか。

しかし、唾を飛ばしながらやり合うのはあまりいいとは言えない。

このタイプの人は周りが見えてないので、迷惑をかけているなどといった自覚はなく、お構いなしに自分の意見を主張するだろう。

大口を開けて笑う人は、意外と気が小さい?

小さく「クスッ」と笑ったり、「フン!」と鼻で笑ったり、ニヤっとしたり、笑い方は人それぞれである。

だが、その人の心の状態によって笑い方もかわってくるのだ。

では、大口を開けて豪快に笑う人はどうだろうか。


スポンサーリンク

むしろ気が強い人だといえる。

自分のペースを保つことができるからこそ、相手より先に目をそらすことができるのだ。

逆に、相手に対して気を遣う人ほど、なかなか目をそらさない。

小さいころに「話す時は相手の目を見て話なさい」とほとんどの人が教わっていると思うが、これを気にして「もし視線をそらしたら相手に不信感を抱かせてしまうのでは」と不安になってしまい、なかなか目をそらすことができないわけだ。

お互いずっと見られていて気持ちがいいわけではないから、先に視線を外してあげる配慮も必要なのかもしれない。

これを逆手にとれば、話の途中でこちらから目線を外せば相手は不安になるので、自然とこちらのペースに引き込むことができるかもしれない。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情