自分の話にヒートアップしてしまう原因とは?

それは、話をしているときに頬に手を当てたり、耳を触っていることに気付いたら、それは自分で自分の話にうっとりとしてきた証拠だろう。

話が好きな人は、話が盛り上がってくるにつれて、話を盛って大げさに話をしてしまう傾向がある。

このタイプの人は、調子に乗りすぎてバレバレのウソをついてしまわないように注意をしてほしい。

後々自分がひどい目に合わないためにも、話をしながら気にしておくといいだろう。

こうしてどんどん話を膨らませてしまう人は、じつは自分に自信がない人に多い。

話を盛って自分を大きく見せることで相手の気を引こうと無理をしてしまい、どんどんオーバートークになってしまう。

どちらにせよ、会話は双方のキャッチボールによって成立するので、一方的に話しすぎないように我慢をし、相手の話も聞きながら会話を楽しむといいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク