心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

「無表情な人はマイペース」というのは、じつは違う!?

楽しいことがあれば笑い、腹が立つことがあれば怒る。

人の表情は、そのときの感情によっていろいろと変化をするわけだが、なかにはほとんど表情を変えない人もいる。

スポンサーリンク

  関連記事

早口な人が気を付けておくべきこととは?

話したいこと、つまり会話のネタがたくさんあるのはいいことだが、相手が話す機会を与えないマシンガントークを繰り広げる人はどこにでもいる。

このタイプの人は、周りからは頭の回転が速いとか、仕事をこなせるといった部分でデキる人と見られていることが多い。

他人を非難する人が抱えるコンプレックスとは?

自分のことを棚に上げて無理な要求をしてくる人がいる。

職場などで、自分は遅刻しても反省する様子はないのに、後輩が遅刻をすると目くじらを立てて責めたり、自分はパソコンがあまりできないのに、部下がパソコンで作成した書類に不備があると責め立てたりする先輩や上司などである。

なぜ、彼らは自分のことを棚に上げて他人を非難するのだろうか。

唾を飛ばしながら話す人には気を付けよう

話をしていてると、どんどんヒートアップして激論を繰り広げたことはないだろうか。

しかし、唾を飛ばしながらやり合うのはあまりいいとは言えない。

このタイプの人は周りが見えてないので、迷惑をかけているなどといった自覚はなく、お構いなしに自分の意見を主張するだろう。

横目で見てくる人が伝えたいメッセージとは?

自分が好みのタイプの女性から横目でチラチラと見られたら、男としてはドキドキしてしまうものだ。

「もしかして…」などとつい妄想して胸がときめくだろう。

何に対しても「イエス」で返事をする人の心情は?

何に対しても反論せず、イエスマンな人がいる。

いちいち反論されるよりはましだが、自分の部下が、どんな意見でも「はい」と同調して返事をしている場合は注意をしたほうがいい。

ネクタイを締め直すしぐさをしたら、それは何かのサイン

複数の人間がいる場所で、ネクタイを締め直すしぐさをする人がいる。

じつは、人前でネクタイを締め直す行動には、自己主張したいというサインなのだ。

ひとりごとをよく言う人は、自己防衛本能が働いている!?

無意識のうちにひとり言を呟いている人がいる。

あくまでひとり言なので、誰かに話しかけているわけではないが、自分の思っていることや考え事などを、ついつい口に出してしまうのだ。

では、なぜひとり言を言ってしまうのだろうか。

話を始めると止まらない人は、何を考えている!?

夫が仕事を終えて帰宅すると、「おかえりなさい」と出迎える。

男性としては憧れのシチュエーションだろう。

しかし、出迎えると同時に妻が一方的に自分の話をし始めて止まらないということがある。

相手をじっと見つめる人は何を考えている?

子供のころに、「話をするときは相手の目を見なさい」と先生や親にしつけられただろう。

たしかに、話をしているときに目線が合わないとどこか不自然だし、あまり印象は良くない。

だが、じっと凝視されるのも気分がいいものではないだろう。

視線を右上にそらしたら、それはウソをついているサイン!?

ウソをつくと、どこかに表れる。

相手と話をするときは目を見て話すことが多いが、じつは相手の目を見れば、相手がウソをついているかどうか分かるのだ。


スポンサーリンク

これを「ポーカーフェイス」などと言ったりするが、無表情の人は一見冷静にみえたり、頼れそうな印象を抱くかもしれないが、じつはそうではないことが多いのだ。

たしかに、表情が豊かな人は感受性も豊かであり、周りの雰囲気に合わせて自分をコントロールできるといった部分がある。

だが、表情をあまり変えない人は、自分自身でこのような感情のコントロールができないのだ。

このタイプの人は、なんでも自分の思い通りにしようとしてしまう傾向が強いのだ。

さらに、引っ込み思案が多いのもこのタイプの人の特徴ともいえる。

このように自分をあまりさらけ出さない人に振り回されないようにするには、やはり適度な距離をとって付き合っていくのが賢明かもしれない。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情