心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

ネクタイを締め直すしぐさをしたら、それは何かのサイン

複数の人間がいる場所で、ネクタイを締め直すしぐさをする人がいる。

じつは、人前でネクタイを締め直す行動には、自己主張したいというサインなのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。

言い訳が多い人は、なぜうまくいかないのか

人は誰でも失敗をする。

言い換えれば、失敗をしない人なんていないのだ。

だが、失敗の度に言い訳をする人には注意をしたほうがいい。

先に視線をそらす人は、強い人!

相手と視線を合わせるのが気まずいという人は多いだろう。

すぐに視線を外す人は、周囲から「なにかやましいことがあるからだ!」などと言われると、なおさら面と向かえなくなるだろう。

しかし、先に目をそらすのは、決して気が弱いわけではないのだ。

相手が頻繁にまばたきをしていたら、それは何かのサイン

「目は心の窓」というが、それは相手の目を見なくても、相手がどういう心理状態なのかを探ることができるのだ。

ふつう、人間のまばたきの回数は1分間でだいたい20回程度と言われている。

つまり、3秒に1回が平均的ということだ。

大口を開けて笑う人は、意外と気が小さい?

小さく「クスッ」と笑ったり、「フン!」と鼻で笑ったり、ニヤっとしたり、笑い方は人それぞれである。

だが、その人の心の状態によって笑い方もかわってくるのだ。

では、大口を開けて豪快に笑う人はどうだろうか。

笑ったときに目と口が同時に動いていたら、実は笑ってないかも!?

特に親しくなくても、異性にニッコリと微笑まれるとつい一目惚れしてしまった経験はあるだろうか。

男性でも女性でも、笑顔が素敵な人はそれだけで好印象だ。

しかし、その笑顔に騙されて、泣きを見ることもある。

天使のような笑顔だと思ったら、じつは愛想笑いだったということも少なくない。

話の「攻め時」と「退き時」の判断のタイミングは?

商談などの交渉事においては、相手が何を考えているか、どう思っているかがカギとなるが、相手の表情や言葉遣いのほかに、なによりも見落としてはならない特徴がある。

それは、唇の動きだ。

人は、興味のあるものを目の前にすると、目を輝かせたり、舌なめずりをしてしまう。

唇を噛む行為は、ストレスがたまっているサイン

誰もやりたがらない仕事を頼まれたときに、無意識のうちに唇を噛むことがある。

じつは、それはストレスを感じている証拠なのだ。

人はストレスを感じると、無意識のうちに上下の唇を押し付けて唇を隠すような行為をする。

相手をじっと見つめる人は何を考えている?

子供のころに、「話をするときは相手の目を見なさい」と先生や親にしつけられただろう。

たしかに、話をしているときに目線が合わないとどこか不自然だし、あまり印象は良くない。

だが、じっと凝視されるのも気分がいいものではないだろう。

「内心慌てているから、のんびり話す」のワケ

会話の最中に、相手が急にゆっくりとした口調で話を始めたら、それは内心がかなり慌てているサインだろう。

突然ゆっくりとした口調になって、相手が落ち着いてリラックスして話をしたのかと思うかもしれないが、急に話のペースを変えるというのは、じつは時間稼ぎをしている場合があるのだ。


スポンサーリンク

これは、自分がどんなときにネクタイを締め直しているか振り返ってみると分かるだろう。

よくあるのが、家を出る前や会議の前、取引先との商談の前にお手洗いなどで、鏡をみながらネクタイを締め直す場面だろう。

これらに共通するのは”人前に出るとき”なわけだが、ネクタイを締め直すことによって、身だしなみと同時に気持ちも整えて、きちんとした姿を相手にアピールしようとするわけだ。

人前でネクタイを締め直した時も同様で、何か意見を言う前にきちんとしようという意識が働いているのだ。

ほかにも、結婚式やパーティーでのスピーチや、好きな女性に告白をするときなど、大事な場面の前には無意識にネクタイを締め直すことが多いだろう。

これは「私に注目してください」といった意味も込められている。

なので、どんな状況下であっても、ネクタイを締め直すしぐさをしていたら、その人は何か自己主張をしようとしていると思っていいだろう。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情