心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

酔ったときに目がすわる人は、心に不満を抱えている!?

お酒が入ると、人は普段よりも警戒心がやわらいでくる。

酔ってくると次第に目がすわってくる人がいるが、このような人は、じつは欲求不満がたまっているとみていい。

日頃言いたいことがたくさんあるのに、周囲に気を遣ったり、気が弱いなどの理由で、なかなか思ったことを口にすることができないのだ。

スポンサーリンク

  関連記事

「無表情な人はマイペース」というのは、じつは違う!?

楽しいことがあれば笑い、腹が立つことがあれば怒る。

人の表情は、そのときの感情によっていろいろと変化をするわけだが、なかにはほとんど表情を変えない人もいる。

ネクタイを締め直すしぐさをしたら、それは何かのサイン

複数の人間がいる場所で、ネクタイを締め直すしぐさをする人がいる。

じつは、人前でネクタイを締め直す行動には、自己主張したいというサインなのだ。

上目遣いのしすぎには要注意!

欧米人と比較すると、日本人は視線を合わせて話すことが少ないと言われている。

前に述べたように、視線を合わせることの大切さは十分にあるし、小さいころに親や先生から「人の目を見て話しなさい」と教わっているものであるが、なかなか実践するとなると難しいものである。

話す時に相手が目をこすっていたら、何か隠し事をしている!?

ウソは、つくほうもつかれるほうもつらい。

しかし、ときにはウソも必要なのである。

とくに、大人になればなるほど、社交辞令やお世辞といった場面もある意味ウソが紛れているのかもしれない。

反対意見ばかり言う人は何を考えている?

会議や友達との会話の時に、自分の意見は言わないのに、人の発言にはあれこれ口を出す人がいる。

このタイプは、人前で恥をかきたくないという自尊心の強い人に見られるのだが、人に対しては口を出し、優位に立とうとするため、つい批判的になりやすい。

眉をひそめるタイプの人が考えていることとは?

喜びやうれしさなどのプラスの気持ちを表に出すことはあっても、怒りや悲しみ、嫌悪感といったマイナスの気持ちはあからさまに見せないのが大人としての礼儀である。

しかし、初対面同士で世間話をしていたにも関わらず、こちらの話に眉をひそめる人がいるが、いったい何を考えているのだろうか。

口を閉じたまま笑顔を見せる人には要注意!?

人は誰でも、ムスッとした顔をされるよりも、笑顔を見せられたほうが気持ちがいいのは言うまでもない。

スーパーや飲食店などで見ず知らずの人と接するときも同様である。

しかし、この笑顔というものにはいろいろある。

唇を噛む行為は、ストレスがたまっているサイン

誰もやりたがらない仕事を頼まれたときに、無意識のうちに唇を噛むことがある。

じつは、それはストレスを感じている証拠なのだ。

人はストレスを感じると、無意識のうちに上下の唇を押し付けて唇を隠すような行為をする。

相手が頻繁にまばたきをしていたら、それは何かのサイン

「目は心の窓」というが、それは相手の目を見なくても、相手がどういう心理状態なのかを探ることができるのだ。

ふつう、人間のまばたきの回数は1分間でだいたい20回程度と言われている。

つまり、3秒に1回が平均的ということだ。

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。


スポンサーリンク

しかし、それらのことは忘れられず、いつの間にか心の中に不満がたまっていく。

人によっては、酔って理性がなくなり、これが一気に解放されて表面に出てくることがある。

そして、それを一気に吐き出そうとしているわけだが、それが「目がすわる」ということなのだ。

こういう人は酒乱の可能性もあるが、酒乱とまではいかなくても普段とは別の人格になり、日ごろの不満を発散することが多いので、あまりかかわらないほうがいいかもしれない。

もしそのような人がいたら、お酒が入っていないときに話を聞いて、ストレスや不満から解放させてあげるといいだろう。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情