心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

ひとりごとをよく言う人は、自己防衛本能が働いている!?

無意識のうちにひとり言を呟いている人がいる。

あくまでひとり言なので、誰かに話しかけているわけではないが、自分の思っていることや考え事などを、ついつい口に出してしまうのだ。

では、なぜひとり言を言ってしまうのだろうか。

スポンサーリンク

  関連記事

唇を噛む行為は、ストレスがたまっているサイン

誰もやりたがらない仕事を頼まれたときに、無意識のうちに唇を噛むことがある。

じつは、それはストレスを感じている証拠なのだ。

人はストレスを感じると、無意識のうちに上下の唇を押し付けて唇を隠すような行為をする。

視線を右上にそらしたら、それはウソをついているサイン!?

ウソをつくと、どこかに表れる。

相手と話をするときは目を見て話すことが多いが、じつは相手の目を見れば、相手がウソをついているかどうか分かるのだ。

目を細めたら、それは不快感を感じているサイン?

太陽の光や蛍光灯など、まぶしいと感じたときに反射的に目を細めてしまうのは自然な反応だが、人はまぶしくないときにも目を細めることがある。

遠くを見るときに目を細めたり、不快感や嫌悪感を感じたときにも目を細めるのだ。

目がきょろきょろする人は、本当はどんな性格なのか

人と会話をしているときに適度に視線を合わせるのが普通だが、何か不安を感じていたり、動揺しているときは、無意識のうちに視線がほかのところへ行ってしまう。

だが、これが常にきょろきょろしていたら注意したほうがいい。

うなずくタイミングが微妙にずれていたら、それは何かのサイン?

会話は、話し手と聞き手の意思疎通、つまり「言葉のキャッチボール」によって成り立っている。

聞き手は言葉を発していなくても、話し手の話にうなずいたり、身振り手振りをすることで相手に自分のメッセージを伝えている。

また、話の途中で何度もうなずく人がいるが、それは相手の話に興味を持っているサインだ。

話す時に相手が目をこすっていたら、何か隠し事をしている!?

ウソは、つくほうもつかれるほうもつらい。

しかし、ときにはウソも必要なのである。

とくに、大人になればなるほど、社交辞令やお世辞といった場面もある意味ウソが紛れているのかもしれない。

「目は口ほどにものをいう」というのは正しいのか?

「目は口ほどにものをいう」という言葉のとおり、人の印象は目で決まるといってもいいくらいだ。

目を見ることで相手の気持ちや感情、隠し事の有無などいろいろなことがわかるので、ある意味一番正直な部分ともいえる。

ネクタイを締め直すしぐさをしたら、それは何かのサイン

複数の人間がいる場所で、ネクタイを締め直すしぐさをする人がいる。

じつは、人前でネクタイを締め直す行動には、自己主張したいというサインなのだ。

「内心慌てているから、のんびり話す」のワケ

会話の最中に、相手が急にゆっくりとした口調で話を始めたら、それは内心がかなり慌てているサインだろう。

突然ゆっくりとした口調になって、相手が落ち着いてリラックスして話をしたのかと思うかもしれないが、急に話のペースを変えるというのは、じつは時間稼ぎをしている場合があるのだ。

口を閉じたまま笑顔を見せる人には要注意!?

人は誰でも、ムスッとした顔をされるよりも、笑顔を見せられたほうが気持ちがいいのは言うまでもない。

スーパーや飲食店などで見ず知らずの人と接するときも同様である。

しかし、この笑顔というものにはいろいろある。


スポンサーリンク

それは、人間が閉ざされた空間の中に一定時間1人でいると、心が不安定になってくるからだ。

もしまったく音が聞こえない密室にじっとしていれば、おそらく3日も我慢できないだろう。

このときに自己防衛本能が働き、そこにいない誰かと話すことで平常心を保とうとしているのだ。

これが「ひとり言」である。

一人暮らしの人にひとりごとが多いのは、寂しさや不安を紛らわすためなのかもしれない。

もし自分が「ひとり言が増えてきた」と感じてきたならば、まずは何を言っているかチェックして、不安や他人の悪口などを口にしていれば、誰かと一緒に過ごしたり、話をしてみるといいかもしれない。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情