心理のお話し

なぜあの人はあんな行動をするの?気になる心理のお話しです。

話の「攻め時」と「退き時」の判断のタイミングは?

商談などの交渉事においては、相手が何を考えているか、どう思っているかがカギとなるが、相手の表情や言葉遣いのほかに、なによりも見落としてはならない特徴がある。

それは、唇の動きだ。

人は、興味のあるものを目の前にすると、目を輝かせたり、舌なめずりをしてしまう。

スポンサーリンク

  関連記事

眉をひそめるタイプの人が考えていることとは?

喜びやうれしさなどのプラスの気持ちを表に出すことはあっても、怒りや悲しみ、嫌悪感といったマイナスの気持ちはあからさまに見せないのが大人としての礼儀である。

しかし、初対面同士で世間話をしていたにも関わらず、こちらの話に眉をひそめる人がいるが、いったい何を考えているのだろうか。

目がきょろきょろする人は、本当はどんな性格なのか

人と会話をしているときに適度に視線を合わせるのが普通だが、何か不安を感じていたり、動揺しているときは、無意識のうちに視線がほかのところへ行ってしまう。

だが、これが常にきょろきょろしていたら注意したほうがいい。

何に対しても「イエス」で返事をする人の心情は?

何に対しても反論せず、イエスマンな人がいる。

いちいち反論されるよりはましだが、自分の部下が、どんな意見でも「はい」と同調して返事をしている場合は注意をしたほうがいい。

話しているとき声が急に高くなるのはどういうサイン?

誰でも、平常心でいるときは同じ調子で話をするだろう。

しかし、話していて急に声のトーンが上がるときがある。

もしそんなことがあれば、それは緊張しているサインだろう。

先に視線をそらす人は、強い人!

相手と視線を合わせるのが気まずいという人は多いだろう。

すぐに視線を外す人は、周囲から「なにかやましいことがあるからだ!」などと言われると、なおさら面と向かえなくなるだろう。

しかし、先に目をそらすのは、決して気が弱いわけではないのだ。

視線を右上にそらしたら、それはウソをついているサイン!?

ウソをつくと、どこかに表れる。

相手と話をするときは目を見て話すことが多いが、じつは相手の目を見れば、相手がウソをついているかどうか分かるのだ。

ネクタイを締め直すしぐさをしたら、それは何かのサイン

複数の人間がいる場所で、ネクタイを締め直すしぐさをする人がいる。

じつは、人前でネクタイを締め直す行動には、自己主張したいというサインなのだ。

有名人の知り合いがいることを自慢する人の心理は?

あなたの周りに「芸能人の○○と知り合いだ」とか「スポーツ選手の××と同じ出身校だ」などと自慢する人はいないだろうか。

このように自慢をするのは、高い評価を受けている人の栄光を利用して、間接的に自分の評価を高めようとしているのだ。

唾を飛ばしながら話す人には気を付けよう

話をしていてると、どんどんヒートアップして激論を繰り広げたことはないだろうか。

しかし、唾を飛ばしながらやり合うのはあまりいいとは言えない。

このタイプの人は周りが見えてないので、迷惑をかけているなどといった自覚はなく、お構いなしに自分の意見を主張するだろう。

相手をじっと見つめる人は何を考えている?

子供のころに、「話をするときは相手の目を見なさい」と先生や親にしつけられただろう。

たしかに、話をしているときに目線が合わないとどこか不自然だし、あまり印象は良くない。

だが、じっと凝視されるのも気分がいいものではないだろう。


スポンサーリンク

おいしそうな食べ物を目の前にしたときなどにこの動作をする人もいるだろう。

それと同じように、交渉中に相手が唇をなめたら、それはあなたの話に興味を持っている証拠だろう。

このときに相手の目を見てみると、瞳孔が開いていて、目が輝いているので、交渉に乗り気であるとみていい。

このチャンスを逃さないよう、積極的に商談を進めるといいだろう。

しかしこれには例外もある。

それは、相手が緊張しすぎている場合だが、緊張していると口が渇いて、しきりに唇をなめる動作をする。

この場合は相手の警戒心が残っており、交渉が成立する可能性は低いので、早めに話を切り上げたり、一度違う話題を挟んであげるとリラックスして話ができるだろう。

どちらにせよ、相手と話をしているときは、相手の表情者目の動きや唇の動きのしぐさも見逃さないように注意しておくといいだろう。

これで、今が攻め時なのか退き時なのかを判断できるに違いない。

スポンサーリンク

 - 話し方と表情