好感をもたれる視線と嫌われる視線の違いは?

その中で、どんな人が好感をもたれやすいかといえば、言葉遣いがしっかりしていたり、身だしなみがきちんとしているというのは言うまでもないが、差をつけるならば、相手の目をしっかりと見て話をする人だろう。

きちんと相手の目を見て話す人は外交的な性格で、自分にも自信を持っている。

相手と目を合わせることにより、目と目で気持ちが通じ、仲良くなりやすいだろう。

「親和欲求」というものがあるが、これはいつでも人と一緒にいたいと願う心理であるが、これが強いひとは、他人への依存度が高かったり、支配したがる傾向があるので、相手の様子をよく見て対応するといいだろう。

人の気持ちを読むのが苦手な人は、話の内容だけでなく、相手の話し方にも注意して見ておくといいだろう。

そこには、相手の性格や気持ちがよく表れているからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク