「舌打ち」に隠されたふたつのサインとは?

街中や電車で他人とぶつかったときに、舌打ちをする人がいる。

しかしこれは同意を示しているかと言えば、そうではない。

これは、自分の不快な気持ちを舌打ちによって示しているのだ。

ところでこの舌打ちには、自分に対してのダメ出しと、他人に対して不快感を示すというふたつの目的があることを知っているだろうか。

まず、自分に対して舌打ちをする人は、後ろ向きなタイプの人に多い。

反省することは悪くないのだが、後悔するたびにダメ出しをしていても前に進むことはできない。

もうひとつは、他人に対して舌打ちをする人だ。

これは、自分の不満や怒りを言葉で伝えることができない気が小さいタイプだと言える。

舌打ちをする前にまず自分自身が何を不満に思っているのか気付いていれば、関係のない周りの人に不快な思いをさせずに済むだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク