上目遣いのしすぎには要注意!

だが、話をしているときにまったく相手と目を合わせなければ、不信感を抱かれてしまうだろう。

なので、ときどき視線を合わせながら話すことでお互いきまずくならずに済むし、いいタイミングで目が合えば話に共感しているサインにもなる。

たまに、じっと凝視する人がいるが、これはむしろ無言の圧力をかけているともいえる。

好みの異性を目にしたときにしてしまう人もいるかもしれないが、見られている側はあまりいい思いはしないだろう。

特に、上目遣いをする相手には注意したほうがいいだろう。

そもそも、上目遣いには絶対服従の意味があるとされており、たとえば彼女が上目遣いをしてきたときは、甘えたいという意思表示とみていい。

しかし、鋭い目つきで見られた場合は、攻撃的な感情を抱いている可能性が高い。

もし、自分に譲れないことがあるならば、視線を外すとその時点で相手が優位になってしまうので、視線を外さないほうがいいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


スポンサーリンク